卓球

卓球を久しぶりに再開したい!しかも、人生初カットマンで!

読了時間: 約325
卓球

最近、卓球の人気が出てきているらしいですね。
卓球は手軽に始められるけど、いざ極めようとすると非常に奥が深いスポーツです。
その魅力が良いのでしょうね!

学生時代、私は卓球部に所属していました。
その当時は標準体型で、その動きは比較的機敏な方だったのですよ。
一応、レギュラーにも選ばれていて、大会にも参加していました。
実は、学校内では最も強かったのですよっ!?

それが現在は…。
体重がだいぶ増えてしまい、体が非常に重いです。
体力もガクッと落ちましたね。
昔の面影はどこへやらといった感じです。

このまま太った状態では、健康に悪影響を及ぼすようになるかもしれません。
糖尿病になるリスクが普通よりも高いので、より注意しないといけないのですよ。

そこで、ふと私は考えました。
「また、卓球を本格的に再開すれば痩せられるのでは?」

卓球というのは、ちょっとした遊び程度であればそれほどでもありませんが…。
競技レベルになってくると、その運動量はすごいことになります。
見た目以上にハードなスポーツなのですよ。

実際、私が現役で卓球をやっていたころは標準体型を維持できていましたし。
卓球は、個人的には好きなスポーツなので、楽しみながらできるのでとても良さそうですよね。

しかし、ここである問題が…。
それは「卓球ができるほどの体力があるか?」ということです。
果たして、卓球は再開できるのでしょうか?

体が重くて動かすのが非常にしんどい

現在の体重は、現役の頃と比べると30kg以上も増えてしまっています。
ということは…30kgの米俵を余計に背負っているようなものです。

ここまで来ると、本当に体が重いのですよね。
ちょっと動くだけでも結構しんどいのです。

それが、もし卓球となれば、前後左右へすばやく動かなければなりません。
そんな機敏に今の私が動けるとは到底思えませんね…。

そこで、まずはその場でじっとした状態から、少しずつ動く範囲を広げていくようなリハビリ(?)をする必要があるでしょう。
ちょっとずつでも体力をつけていって、最終的には現役並みの水準まで持っていきたいですね。

カットマンに挑戦してみたい!

体力問題が大いに心配なのですが…。
それでも、私は無謀にもカットマンを始めてみたいと思っています。

カットマンというのは、主にシェークハンド選手のプレイスタイルの一種です。
カットという、下回転をかけたボールを主軸にする守備的な戦型です。
チャンスがあれば、ドライブやスマッシュで攻撃します。
カットマンは、広い範囲を守るためにかなりの体力が必要です。

ちなみに、私は学生時代の時はペンホルダーでした。
なので、もしカットマンを目指すとなれば、ほぼ1からのスタートとなります。

「なぜ、カットマンに?」と言われそうですが…。
それは「かっこいい」「憧れる」からですっ!?

ドライブ型の選手が放つ強力なドライブボールやスマッシュを、華麗にカットで返す。
「決まったか!」と思ったボールもひたすらカットで拾いまくる。
それでいて、チャンスになるとズバッと攻撃を決める。
「なんてカッコイイんだ!」と私は思いますよ!

YouTubeで卓球に関する動画を検索してみると、カットマンの動画も出てきます。
ぜひそのカットマンの試合を視聴してみてください。
あなたもカットマンに惚れるかもしれませんよ?
ここでは、日本のカットマンの村松選手の動画が見つかりましたので、記事に貼っておきます。

強いカットマンになりたい!

どうせ卓球を再開するのなら、本格的にやりたいところです。
卓球クラブ内で強くなるのはもちろん、いつかは卓球大会などにも参加して上位に食い込みたいですね。

私は、カットマンとしては初心者からのスタートになります。
少しずつでも腕を磨いて強くなりたいと思っていますよ。

最終的には、全国レベルまで行ければ最高なのですが…。
その壁はかなり高いでしょうね。
でも、諦めなければきっと達成できるはずです。

用具選びからスタート

「卓球を再開したい、なおかつカットマンとしてデビューしたい!」私なのですが…。
卓球のラケットが無いのですよね…。
そのため、まずはラケットやラバーなどの用具を一式揃えることから始まります。

最近のラケットやラバーって、非常に高性能になっていますからね。
一体どの用具を選んだら良いのか迷ってしまいます。
色々と情報収集をしてラケットとラバーを決めたいと思います。

まとめ

ダイエットの目的も兼ねて、私は卓球を再開したいと思っています。
しかも、人生初のカットマンとして。

体力がかなり必要になるため、大変だとは思うのですが…。
やるからにはぜひとも強くなりたいですよね。
体力と技術をしっかりと身に着けて、最強のカットマンになってみたいです。

そのために、まずはカットマンに関する情報収集から始めたいと思います。
カットマンの初心者に向いていそうな用具探しをしてみたいですね。
自分にピッタリのラケットやラバーに出会えると良いのですが…。

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。

大学卒業後、公務員を目指していたが失敗。
その後、仕事をしようとするも全て不採用に。
そのうち、心を病んで統合失調症を発症。
入退院を繰り返す。

「仕事をもらえないなら自分で作ればいい」「自分の好きな仕事だけをやろう!」と思うようになり、フリーランスに転身。
現在は、ブログの更新やアプリ開発を主な仕事にしている。

趣味は音楽鑑賞・読書・カラオケ・オセロ。
特に好きな歌手は水樹奈々で、ファンクラブにも所属している。
最近ハマっている曲は「恋想花火」。

フィードを登録していただくと、ブログの更新を把握しやすくなります。
あなたからの登録をお待ちしています!

Feedly
RSS

Twitter: @suzushin7

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。