卓球

卓球 カットマン(カット主戦型)のラケットとラバーの選び方

読了時間: 約459
卓球

卓球におけるカットマン(カット主戦型)は、使用するラケットラバーがドライブ主戦型とはだいぶ違います。
また、どのようなプレイスタイルを目指すかによっても、使用ラバーの種類が変わってきます。

そこで、今回の記事では…。
主にカットマンを始めたいと考えている方のために、ラケットやラバーの選び方の基準についてまとめてみました。

カットマンのプレイスタイル

カットマンには、主に3タイプのプレイスタイルがあります。

まずは、両面に裏ソフトラバーを貼って、フォア・バックともに自ら回転の変化をつけてカットで粘るタイプ(裏裏)。
そして、裏ソフトラバーと表ソフトラバーを組み合わせて、それぞれの回転差を利用するタイプ(裏表)。
あとは、裏ソフトラバーと粒高ラバーを組み合わせて、相手のボールの回転を利用して変化をつけるタイプです(裏粒)。

この中で、カットマンで主流だと思われるのは、裏粒タイプです。
回転に最も大きな変化を与えることができるため、相手を惑わすことができます。

カットマンのラケットの選び方

カットマンのラケットは、基本的には攻撃型よりも弾みを抑えたものを使用します。
その方が安定したカットができるためです。

初めてカットマンを目指す方は、カットマン用とカタログで説明されているラケットを購入するのが無難です。
攻撃も積極的に行いたいという場合には、カットマン用のラケットの中でもやや弾みが強いものを使います。

現代の卓球では、カットで守っていれば勝てるという状況では無くなってきました。
カットマンでも攻めの姿勢が必要になっています。
その際に、威力を出すことを考えると、やや弾みが強めのラケットを使うことをおすすめします。

個人的におすすめのラケットは、バタフライの朱世赫ですね。
カット用ラケットの中でも反発力が強めで、ぶつ切りカットと威力のある攻撃を両立したい方にはピッタリです。

カットマンのラバーの選び方

カットマンのラバーの組み合わせは、主に3タイプになります。

・裏裏
・裏表
・裏粒

フォア側のラバーは、カットはもちろん攻撃をすることも考えて、ほぼ裏ソフトラバーで決まりです。
バック側のラバーは、プレイスタイルによって裏ソフトラバー・表ソフトラバー・粒高ラバーの選択肢があります。

フォアラバーは、攻撃重視・攻守万能・守備重視のどれにするかで選択するラバーが変わります。
攻撃重視にする場合は、テナジーシリーズなどのテンション系ラバーを使用します。
攻守万能にする場合は、高弾性ラバーやコントロール系ラバーを使用します。
守備重視にする場合は、粘着系ラバーで弾みをおさえたラバーを使用します。

攻撃重視

攻守万能

守備重視

バック側のラバーに関しては、それぞれのタイプごとに見ていきます。

裏裏

フォア・バックともに、カットと攻撃をするタイプになります。

バックが裏ソフトラバーの場合、粒高ラバーと比べると守備力は下がります。
ですが、そのかわりに攻撃力が上がります。
フォアでもバックでも、カットはもちろんドライブで攻撃していきたい方にはおすすめの構成です。

フォア側のラバーはやや弾みが強めのものを貼り、バック側のラバーは弾みをおさえたものを使用すると安定すると思います。

裏表

裏ソフトラバーと表ソフトラバーを組み合わせて、それぞれのラバーの回転量の差を活かすタイプです。

粒高ラバーだと守備はできても攻撃ができません。
そこで、粒でも攻撃したいという方が選ぶ組み合わせになります。
この組み合わせでプレイしているカットマンというのは、他の2タイプと比べるとそれほど多くありません。

表ソフトラバーの選び方は、回転を重視するかどうかで変わります。

回転を重視したい場合には回転系表ソフトラバーを使うと良いです。
例えば、スーパースピンピップスあたりがおすすめです。

変化を重視したい場合には、変化系かスピード系の表ソフトを使います。
変化系では閃霊、スピード系ではスペクトルはいかがでしょうか?

裏粒

フォアに裏ソフトラバー、バックに粒高ラバーを貼るタイプです。
カットマンの中では、最も主流な組み合わせとなります。

粒高ラバーは、相手の回転を逆にして返すことができるため、ボールの回転変化を強くすることができます。
そのため、カットマンとの相性は抜群です。
裏裏のタイプと比べると、攻撃力は落ちるのですが、守備力は大きく上がります。

安定した変化カットをしたい場合には、フェイントロング3あたりが定番です。
カールP-1Rなら非常に変化が大きいカットになりますが、コントロールがやや難しいです。

まとめ

今回の記事では、カットマンのラケットとラバーの選び方についてまとめてみました。

ラケットに関しては、カットマン用のラケットを選ぶのが無難です。
その中でも、やや弾みが強めのものにしておくと攻撃がしやすくなります。

ラバーに関しては、裏裏・裏表・裏粒のタイプごとに、個人的におすすめのラバーを挙げてみました。
色々と比較検討して、自分に合ったラバーを選びましょう。

カットマンはカッコイイですよね!
あなたも、ぜひ一緒に強いカットマンになれるように頑張っていきましょう!

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。

大学卒業後、公務員を目指していたが失敗。
その後、仕事をしようとするも全て不採用に。
そのうち、心を病んで統合失調症を発症。
入退院を繰り返す。

「仕事をもらえないなら自分で作ればいい」「自分の好きな仕事だけをやろう!」と思うようになり、フリーランスに転身。
現在は、ブログの更新やアプリ開発を主な仕事にしている。

趣味は音楽鑑賞・読書・カラオケ・オセロ。
特に好きな歌手は水樹奈々で、ファンクラブにも所属している。
最近ハマっている曲は「恋想花火」。

フィードを登録していただくと、ブログの更新を把握しやすくなります。
あなたからの登録をお待ちしています!

Feedly
RSS

Twitter: @suzushin7

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。