卓球

卓球ラバーの種類と主な特徴。戦型別おすすめラバーも紹介!

読了時間: 約327
卓球

卓球ラバーには、いくつかの種類(裏ソフト・表ソフト・粒高・アンチスピン)があります。
それぞれの種類ごとに主な特徴が違います。
そのため、戦型によって使用するラバーの種類は変わります。

今回の記事では、それぞれのラバーの種類の特徴についてまとめてみます。
また、戦型別でおすすめのラバーの組み合わせについても紹介します。
「これから卓球を始めたいけど、どのラバーを使ったら良いのか分からない!」という方の参考になれば幸いです。

卓球ラバーの種類

卓球ラバーには、主に裏ソフト・表ソフト・粒高・アンチスピンの4種類のラバーがあります。
それぞれの特徴について見ていきましょう。

裏ソフトラバー

最も一般的でよく使われているのが「裏ソフトラバー」です。
初心者でも扱いやすく、初めてのラバーに裏ソフトラバーを使う人も多いでしょう。

裏ソフトラバーは、ラバーの表面が平らなのが特徴です。
ボールと接触する面積が大きいため、回転性能が高いです。
そのため、様々なショットを安定してコントロールすることができます。
初心者でも扱いやすいラバーと言えます。

ただ、回転をかけやすいということは…。
逆に言えば、相手の回転の影響を受けやすいということでもあります。
相手の回転をしっかりと見極めながら打ち返す必要がありますね。

裏ソフトラバーは、スピードと回転性能が高いため、ボールに強い威力を与えることができます。
そのため、多くの選手が使用しています。
また、卓球の感覚をつかむ練習をしやすいので初心者にもおすすめできます。
ある程度卓球に慣れるまでは、裏ソフトラバーを使用するのが良いでしょう。

表ソフトラバー

「表ソフトラバー」は、シートの表面に多数の粒が付いているラバーです。
打球時にラケットからボールが離れるまでの速度が速く、スピードのあるボールを放つことができます。
裏ソフトラバーに比べると、自分から回転をかけにくいですが…。
その分、相手のボールの影響も受けにくくなります。

表ソフトラバーは、裏ソフトラバーに次いで多くの選手に使われています。
基本的には、前陣での速い展開で攻撃をしていく場合に向いているラバーです。
また、カットマンが片面に使用することもあります。
裏ソフトラバーとの組み合わせにすることで、ラバーの回転量の差に変化をつけることができます。

粒高ラバー

粒高ラバーは、シートの表面に多数の粒が付いていて、その粒の高さが高くなっています。
相手からのボールを受けると、その回転を逆にして返すことができます。
上回転なら下回転に、左回転なら右回転に、といった具合です。
相手にとって予想外の変化をつけることができるため、相手のミスを誘うことができます。

基本的には、カットマンが片面に使用することが多いです。
裏ソフトラバーと組み合わせることで、その変化を活かしたカットと攻撃が可能になります。
また、変化攻撃タイプの選手が片面に使用することもあります。
粒高ラバーで守備をして、相手の緩いボールを裏ソフトラバーで攻撃するといった感じです。

アンチスピンラバー

アンチスピンラバーは、見た目は裏ソフトラバーと一緒なのですが…。
ラバーの表面に特殊な加工がされていて、非常にツルツルしています。
そのため、こちらから回転をかけることができません。
また、相手ボールの回転の影響も受けません。

現在の卓球においては、アンチスピンラバーを使う選手はほとんどいません。
需要がほとんど無いラバーと言っても良いでしょう。
取り扱っている店も少ないです。
今後もアンチスピンラバーが使われることはほとんど無いと思われます。

戦型別ラバーの組み合わせ

それでは、プレイスタイル(戦型)別におすすめのラバーの組み合わせを見ていきます。

ドライブ主戦型

ドライブを主体として、ガンガン攻撃していきたい選手の場合には…。
「裏ソフトラバー」+「裏ソフトラバー」の組み合わせが基本です。
両面に裏ソフトラバーを貼ることで、フォア・バックともに強力なドライブをかけて攻撃することができます。

前陣速攻型

前陣で速いラリーを展開しながら攻撃していく選手の場合には…。
「裏ソフトラバー」+「表ソフトラバー」の組み合わせが一般的です。
表ソフトラバーの球離れの速さを最も活かすことができる戦型と言えます。

変化攻撃型

回転の変化をつけながら攻守を行う選手の場合には…。
「裏ソフトラバー」+「粒高ラバー」の組み合わせが基本です。
粒高で守備をして、チャンスボールを裏ソフトラバーで攻撃するという流れになります。

カット主戦型(カットマン)

基本的にカットで粘りながら、チャンスボールを攻撃していく選手の場合には…。
「裏ソフトラバー」+「粒高ラバー」の組み合わせが最も主流の組み合わせです。
ただ、攻撃をどの程度重視するかによって、粒高ラバーを表ソフトラバーまたは裏ソフトラバーに変えることがあります。

表ソフトラバーは、回転量の差を活かしながら攻撃をしていきたい選手に向いています。
裏ソフトラバーは、自分の技術で回転に変化をつけていき、ドライブでも攻撃していきたい選手に向いています。
粒高ラバーは、相手の回転を利用して変化をつけたい守備重視の選手に向いています。

まとめ

今回の記事では、卓球ラバーの種類とその特徴について、そして戦型別のラバー組み合わせのおすすめについてまとめてみました。
主に4種類ありますが、アンチスピンラバーはほぼ使われませんので実質は3種類です。
戦型によって、ラバーの組み合わせは変わるんだということがお分かりになったかと思います。

あなたはどの戦型を目指していますか?
あなたの戦型に合ったラバーをきちんと選んでくださいね。

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。

大学卒業後、公務員を目指していたが失敗。
その後、仕事をしようとするも全て不採用に。
そのうち、心を病んで統合失調症を発症。
入退院を繰り返す。

「仕事をもらえないなら自分で作ればいい」「自分の好きな仕事だけをやろう!」と思うようになり、フリーランスに転身。
現在は、ブログの更新やアプリ開発を主な仕事にしている。

趣味は音楽鑑賞・読書・カラオケ・オセロ。
特に好きな歌手は水樹奈々で、ファンクラブにも所属している。
最近ハマっている曲は「恋想花火」。

フィードを登録していただくと、ブログの更新を把握しやすくなります。
あなたからの登録をお待ちしています!

Feedly
RSS

Twitter: @suzushin7

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。