マジック・ザ・ギャザリング(MTG)

MTG 各色(赤・緑・白・青・黒)の特徴と得意な戦法

読了時間: 約328
マジック・ザ・ギャザリング(MTG)

ちょっと質問ですが…。
あなたはマジック・ザ・ギャザリング(MTG)をご存知ですか?
実際にプレイしたことはありますか?

MTGは、世界的にも有名で人気のあるトレーディングカードゲーム(TCG)です。
日本でももちろん人気があり、MTGプレーヤーは多いはずなのですが…。
残念ながら、私の身近にはMTGをやっている人がいません。(知らないだけかもしれませんが…)

そこで、一人でも多くの人にMTGの魅力を知ってもらい、あわよくばMTGを始めてもらいたいと思いまして…。
今回は、MTGの内容に関する記事を書いてみたいと思います。
ここでは、MTGに登場する(赤・白・緑・青・黒)の特徴とその戦法について見ていきます。

主にMTG入門者に向けて、できるだけ分かりやすく書いていきますので…。
MTGに興味がある方もない方も、とりあえず読んでみてください。

マジック・ザ・ギャザリング(MTG)とは?

マジック・ザ・ギャザリング(MTG)というのは、世界で最初(1993年)に発売されたトレーディングカードゲーム(TCG)です。
アメリカのウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が制作しています。
MTGは、公式には「マジック」、その他には「ギャザ」と略されて呼ばれます。
ちなみに、MTGは「世界で最もよく遊ばれているTCG」としてギネスに認定されています。

MTGに登場する色の特徴と戦法

MTGのカードには、それぞれ色が設定されています。
その色というのは、赤・緑・白・青・黒の5色となっています。
各色にはそれぞれ特徴があって、得意な戦法が変わります。
それでは、早速各色の特徴と得意な戦法を見ていきましょう。

赤は、最も攻撃的な色となっています。
赤色のカードの特徴は、何と言っても「火力」と「速攻」。

火力呪文が大きな特徴で、直接プレイヤーやクリーチャーにダメージを与えていきます。
また、速攻が付いているクリーチャーが多く、すばやい攻撃を行うことができます。
コンセプトは「やられる前にやる」といった感じでしょうか?
序盤から積極的に攻めていき、最後は火力で焼き尽くす」といった動きが多いです。

やるべきことが分かりやすいですので、初心者でも比較的扱いやすい色です。
MTG初心者で、「どの色から始めたら良いか分からない」という方は、とりあえず赤を選ぶと良いかもしれませんね。

緑は、自然を表す色です。
緑色のカードの特徴は「マナ加速」と「大型クリーチャー」。

マナを生み出す能力を持っているカードが多く、マナコストが大きいカードをすぐにプレイできます。
また、緑色のクリーチャーはとにかく大型のものが多いです。
緑色のデッキでは、「マナを加速して、大型のクリーチャーで殴り倒す」という動きになります。

クリーチャーの殴り合いになれば、緑は有利ですが…。
他のこと(相手の妨害など)になると苦手です。

赤と同様に、緑もコンセプトが分かりやすいです。
そのため、初心者向きの色と言えます。

白は、平和を表す色です。
白色のカードの特徴は「小型クリーチャー」「追放」。

白のカードのクリーチャーは、基本的には小型でマナコストが軽いので、大量に展開することが可能です。
また、相手のクリーチャーを追放したり、ダメージを軽減することもできます。
意外と何でもできる万能の色なのですよね。
白色のデッキでは、「小型クリーチャーを呪文で守りながら、大量展開して攻撃する」という流れになります。

小型のクリーチャーで攻めていくのが基本になりますので…。
相手の大型クリーチャーを何とかできないと、逆に不利になります。
白なら追放したり無力化することができますので、うまく対処していきましょう。

白は、初心者でも比較的扱いやすい色です。
とにかく、数で攻めていきたいなら白で決まりですね!

青は、狡猾な色です。
青色のカードの特徴は「打ち消し」「ドロー」。

相手の妨害をするのが得意な色です。
そのため、青色のカードには妨害系のものが多いです。
「打ち消し」という、相手のカードを無効にするカードがあるのが大きな特徴です。
また、「ドロー」能力が強く、カードを多く引くことでアドバンテージを得ることもできます。
青色のデッキでは「相手の行動を妨害しながら、自分の勝ち筋で攻める」という流れになります。

相手の行動を読みながら、カードをプレイしていく必要があるので、初心者にはやや扱いが難しいですが…。
「トリッキーな動きをしたい」という方は青を選ぶと良いですね。

黒は、犠牲的な色です。
黒色のカードの特徴は「破壊」「犠牲」。

クリーチャーを破壊したり、自分のライフやクリーチャーを犠牲にして何らかの効果を得るカードが多いです。
その犠牲がある分、通常よりも強力な効果が得られます。
黒色のデッキでは「自分のライフやクリーチャーを犠牲にしながら、相手を攻撃していく」という流れになります。

ライフやクリーチャーを犠牲にすることが多いため、うまく扱わないと不利になりやすいです。
癖のあるカードが多いですので、うまくプレイするにはある程度の慣れが必要になります。
初心者というよりも中級者くらいが向いていると思います。

私の好きな色

ちなみにですが…。
私の場合は、好きな色の順番としては「青・赤・白・緑・黒」になります。

やはり、私は「打ち消し」が非常に魅力的に見えるのですよ。
相手のカードを無かったことにできるのですから。
どんなに強力なカードでも、打ち消してしまえば問題ないですよね?

そして、火力で焼き尽くすのも好きです。
プレイヤーやクリーチャーに直接ダメージを与えてしまえるのは良いですよね。
何よりも分かりやすいですよ。

そのため、私は青をメインにしたデッキをよく使っていました。
その中でも「青赤コントロール」系のデッキを組むことが多かったです。
相手の行動を妨害しながら、クリーチャーや火力呪文で攻撃するというプレイスタイルでした。
今でも強い「青赤コントロール」デッキが組めると良いのですが…。
「カウンターバーン」や「クロックパーミッション」が組めたら理想的ですけどね。

まとめ

今回の記事では、マジック・ザ・ギャザリング(MTG)の各色(赤・緑・白・青・黒)の特徴とその得意な戦法についてまとめてみました。
いかがでしょうか?
各色によって、得意な戦法がだいぶ変わるということが分かったのではないでしょうか?

私は青が一番好きで、その次に赤が好きなのですが…。
あなたはどの色が好きですか?
もしくは好きになりそうですか?

もし、あなたがMTGを始めるのなら…。
今回の記事を参考にしながら、デッキに使う色を決めてみてくださいね。

プロフィール
読了時間: 約018

鈴木俊吾(すずしん)

経験無し・実績無し・コネ無しの状態から、人生大逆転を目指してフリーランスに。
「好きなことで生きる」をモットーに、現在は主にブログで情報を発信。
茨城県常総市を拠点に活動。
仕事は随時募集中。

Twitterでは、ブログ更新通知をしています。
フォローしていただけると、最新記事をすばやく読むことができます。
また、仕事に関するお問い合わせもDMにて受け付けています。
ぜひフォローをよろしくおねがいします。

@suzushin7をフォローする

お問い合わせ

POSTED COMMENT

  1. あか男 より:

    やっぱ僕は赤で!

    たんにあか男だからなんですけどね。

    しかしカードゲームって難しいですね。

    • すずしん より:

      あか男さん

      コメントありがとうございます。

      なるほど、あか男だけに赤ですかっ!
      MTGは、他のTCGと比べるとルールが複雑なのですよね。
      ただ、その分奥が深いのでなかなか面白いですよ。

      あ〜、私は早くMTGを再開したいですね〜。
      もし良かったら、あか男さん一緒にどうですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA