卓球

卓球 カットマンラケット「ハッドロウシールド」が気になる

読了時間: 約34
卓球

久しぶりに、卓球を再開したいと思っている私なのですが…。
残念ながら、今は卓球用具が無いのですよね。
なので、まずは卓球用具を揃えるところからのスタートです。

私としては、今後はカットマンとしてプレイしたいと考えています。
そこで、まずはインターネットでカットマン用のラケットについて色々と調べてみました。
その結果、「ハッドロウシールド」というラケットが気になりました。

ハッドロウシールドとは?

ハッドロウシールドというのは、卓球メーカーのバタフライが提供しているカットマン用のラケットです。
バタフライの公式ページによると、以下のように説明されています。

攻守両面で安定感が光る元全日本王者モデル
守備用モデルとして人気を博した『渋谷プロモデル』をベースにしたラケットです。弾みを抑えることで、安定したカットと攻撃の両立を後押しします。

出典: ハッドロウ シールド|卓球製品情報|バタフライ卓球用品

なるほど、渋谷プロモデルをベースにしているようですね。
渋谷プロモデルは、弾みがかなり抑えてあって、カットのコントロールがしやすいようになっているのですよ。
その後継モデルということは、きっと似たような性質のラケットになっているのでしょう。

カットマン初心者の私としては、やはりラケットの弾みは抑えてあるほうが扱いやすいと思います。
それを考えると、ハッドロウシールドは非常に魅力的に感じますね。

ただ、気になるのがそのお値段。
公式ページによると、なんと「オープン価格」と書かれています。
オープン価格、怖い響きですね…。
一体いくらくらいになるのでしょうか?

ハッドロウシールドの価格を調べてみると…。
大体11,000円前後といった感じでしょうか。
うーん、なかなかのお値段です。
最近の卓球ラケットは、結構値段が高めのものが多くなってきているのでしょうかね?

でも、「良いな」と思ったものは買ったほうが、後々後悔しないですよね。
もしここで妥協して別のラケットを買って、失敗したなんてことになったらショックが大きすぎますよ。
それに、ラケットはそうそう頻繁に変えるものでもないですので、ある程度は良いものを買ったほうが良いでしょうし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハッドロウシールド
価格:11016円(税込、送料無料) (2018/8/3時点)

ラバーをどうするか問題

ひとまず、ラケットはハッドロウシールドで良いとしましょう。
次は、ハッドロウシールドに貼るラバーをどうするかが問題になってきます。

カットマンのラバーの組み合わせとしては、裏・裏、裏・表、裏・粒高があります。
最も主流なのは、裏・粒高の組み合わせだと思われますが…。
カットマン初心者がいきなり粒高ラバーを扱えるとは思えませんね。
かといって、裏・裏だとあまり芸が無いような感じがします。
ここでは、あえての裏・表で行こうかな?

最近のカットマンは、表面にテンション系の裏ソフトラバーを貼るのが流行っているらしいです。
テンション系裏ソフトラバーなら、コントロールは難しくなりますが攻撃時の威力が増します。
現代卓球は、カットマンでも攻撃力が無いと勝てませんからね。
やはり、のんびりコントロール系のラバーでは太刀打ちできないのでしょうか。
私もテンション系にした方が良いのかな?

テンション系裏ソフトラバーで気になっているのは、やはりテナジーシリーズですが…。
値段が高すぎますので、手を出すのはちょっと難しいです。
もう少しリーズナブルで良い感じのテンション系裏ソフトラバーを探してみたところ、「ロゼナ」が気になりました。
ラバーの立ち位置的には、テナジーシリーズの性能を落として安くした感じですかね?
お値段的には4,000円台くらいです。
テンション系で4,000円台なら安いほうです。
お試しで購入してみるのも全然ありですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゼナ
価格:4320円(税込、送料別) (2018/8/3時点)

裏面に貼る表ソフトラバーについてですが…。
ある程度、表ソフトラバーでも積極的に攻撃していきたいという気持ちがあります。
バックカットでも回転を維持しつつ、攻撃時にはドライブもできる。
そんなラバーが無いかなと探してみたところ、「スーパースピンピップス・21sponge」が良いかなと。
いわゆる、スピン系の表ソフトラバーですね。
そういえば、卓球部だった時に試したことがありましたが…。
結構扱いやすかったような気がしますよ。
また、このラバーのお世話になろうかな?

まとめ

卓球を再開しようと思っている私。
ラケットとラバーをどうするか検討してみたのですが…。
ラケットは「ハッドロウシールド」、ラバーは「ロゼナ」と「スーパースピンピップス・21sponge」にしてみようと思います。

こうしてみると、卓球って結構お金がかかりますね。
ラバーは消耗品なので、引っ掛かりが悪くなったら交換しないといけませんし…。

でも、これも運動のためです!
初期投資として考えれば良いですね。
後は、卓球のスキルが問題になってきますが…。
カットマンとして活躍できるくらいに強くなりたいですよ。

プロフィール
読了時間: 約018

鈴木俊吾(すずしん)

経験無し・実績無し・コネ無しの状態から、人生大逆転を目指してフリーランスに。
「好きなことで生きる」をモットーに、現在は主にブログで情報を発信。
茨城県常総市を拠点に活動。
仕事は随時募集中。

Twitterでは、ブログ更新通知をしています。
フォローしていただけると、最新記事をすばやく読むことができます。
また、仕事に関するお問い合わせもDMにて受け付けています。
ぜひフォローをよろしくおねがいします。

@suzushin7をフォローする

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA