Rising Bar Clock

棒グラフ時計MacOSアプリRising Bar Clockをリリース!

読了時間: 約259
Rising Bar Clock

普段、Macのパソコンを使っている私なのですが…。
何となくデスクトップが寂しい感じがしています。
基本的に、私はデスクトップにファイルを置きませんので、そこにあるのはDockと壁紙だけとなっているのですよね。

デスクトップの空間に何か置きたいと考えていたのですが…。
その際に何となく「時計が良いかも?」と思いました。
時計アプリは、探せばいくらでも見つかりますよね。
けれども、どうせなら自分で作ってみたいですので…。
ほんのちょっとだけデザインを工夫した時計アプリを開発することにしました。

そして、今回作り上げたのが「Rising Bar Clock」です。
これは棒グラフ時計を表示するMacOSアプリになります。
時間に合わせて、棒グラフが刻々と変化していくのが特徴です。

今回の記事では、この「Rising Bar Clock」についての紹介と簡単な使い方の解説をしたいと思います。

Rising Bar Clockとは?

「Rising Bar Clock」というのは、私が今回自作したMacOS用のアプリになります。
時間に合わせて棒グラフが表示される、シンプルなデザインの時計アプリです。
「Rising」という名前が付いているのは、この棒グラフが時間が進むにつれて、徐々に伸びていくように見えることから来ています。

Rising Bar Clock Rising Bar Clock

また、このアプリには棒グラフ型タイマー機能もあります。
同じようなデザインで、カウントダウンしていくたびにこちらも棒グラフが変化するタイマーです。
現状では、最大10個のタイマーをセットすることが可能となっています。

Rising Bar Clock

Rising Bar Clockの使い方

「Rising Bar Clock」は、基本は時計ですので現在の時刻を表示するのが主です。
そして、ついでに棒グラフで時間の経過を表現しています。

一応、「設定」をすることは可能です。
時計の「色」「不透明度」「最前面表示」を変えることができます。
他には、「タイマー」の設定画面を表示するための機能があります。

Rising Bar Clock

タイマー設定では、セットしたいタイマーのIDと時間を指定します。
時間は、時・分・秒に対応したスライダーを動かすことで設定します。
確定するには、「Setup」ボタンを押します。
すると、時間指定されたタイマーが表示されます。

ちなみに、「Title」を利用すると、タイマーに名前を付けることができます。
例えば、「Working」「Take a rest」「Reading」など、その時間内でやりたい内容をTitleに割り当てると分かりやすくなりますよ。

Rising Bar Clock

タイマーは、メニューアイコンの「Start」をクリックする、もしくは右クリックして表示されるコンテキストメニューの「Start」を選択すると動き出します。
途中で止めたいときには、メニューアイコンの「Stop」をクリックする、もしくは右クリックして表示されるコンテキストメニューの「Stop」を選択します。
カウントダウンし終わったタイマーを再びセットしたいときには、メニューアイコンの「Reset」をクリックする、もしくは右クリックして表示されるコンテキストメニューの「Reset」を選択します。
タイマーを非表示にしたいときには、メニューアイコンの「Close」をクリックする、もしくは右クリックして表示されるコンテキストメニューの「Close」を選択します。

Rising Bar Clock

Rising Bar Clockのダウンロード

「Rising Bar Clock」は、MacOS用のアプリになります。
ですので、Macのパソコンを使っている方のみが使用できます。

このアプリは有料となっていて、そのお値段は240円としています。
現状、機能が少ないですので、今はこの値段ですが…。
今後バージョンアップして、機能がある程度増えてきたら値上げする予定です。
早めに購入しておくと、若干お得になりますね。

アプリのダウンロードは、AppStoreアプリを起動して「Rising Bar Clock」で検索してください。
もしくは、以下のリンク先を経由して「Rising Bar Clock」のページに移動してください。

Rising Bar Clock

まとめ

今回の記事では、棒グラフ型時計MacOSアプリ「Rising Bar Clock」の紹介と簡単な使い方の解説をしました。
画像を見ると分かるように、時計自体は非常にシンプルなデザインにしています。
私個人としては、この棒グラフが変化しているのを眺めているだけで何となく面白いです。

もしMacのパソコンを使っていて、シンプルなデザインの時計アプリを探しているのなら…。
ぜひこの「Rising Bar Clock」を検討していただけると嬉しいです。

Rising Bar Clock

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。

大学卒業後、公務員を目指していたが失敗。
その後、仕事をしようとするも全て不採用に。
そのうち、心を病んで統合失調症を発症。
入退院を繰り返す。

「仕事をもらえないなら自分で作ればいい」「自分の好きな仕事だけをやろう!」と思うようになり、フリーランスに転身。
現在は、ブログの更新やアプリ開発を主な仕事にしている。

趣味は音楽鑑賞・読書・カラオケ・オセロ。
特に好きな歌手は水樹奈々で、ファンクラブにも所属している。
最近ハマっている曲は「恋想花火」。

フィードを登録していただくと、ブログの更新を把握しやすくなります。
あなたからの登録をお待ちしています!

Feedly
RSS

Twitter: @suzushin7

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。