プラグイン

WordPress JetpackでGoogle翻訳ウィジェットを導入!

読了時間: 約243
Google翻訳

私のブログでは、少し前から日本語と英語の記事を書くようにしました。
そうすれば、英語圏の方もブログに訪問してもらえるかと思いまして…。

そして、記事を書き始めてからアクセスを見ているのですが…。
それほど英語版の記事にはアクセスが無いようです。
あまり効果が出ていないようでしたね。
うーん、残念。

ところで…。
最近、私はWordPressJetpackというプラグインを入れました。
Jetpackを入れると、ある興味深いウィジェットが使えるようになります。
それが「Google翻訳」です!

このGoogle翻訳を使えば、わざわざ英語版の記事を書かなくても大丈夫になりますよね。
それに加えて、他の言語もカバーできるようになります!
これってすごいですよね。

そんなわけで、早速私はGoogle翻訳ウィジェットをブログに導入してみました。
これによって、他の言語の方が訪問してきても大丈夫になりましたね。
アクセスが増えてくれたら嬉しいのですけど。

Jetpackとは何?

Jetpackは、問い合わせフォーム・アクセス解析・SNS共有などといった、便利な機能を提供してくれる高機能なWordPressプラグインです。
非常に人気があり、100万インストール以上されているようですよ。

Google翻訳

Google翻訳というのは、その名の通りGoogleが提供している翻訳機能です。
英語はもちろん、様々な言語への翻訳に対応しています。

使い方はとても簡単で、翻訳先の言語を選ぶだけ。
すると、コンテンツの内容が全てその言語に自動的に翻訳されます。

ブログの多言語対応ができる!

このGoogle翻訳があれば…。
1つの言語で記事を書くだけで、どの言語にも対応することができるようになるのです。
これは非常に画期的ですよね!

Googleの翻訳エンジンが使われますので、訳の精度がかなり良いです。
そのため、文章中で伝えたい内容がうまく伝わってくれると思います。

ブログへのアクセスが増えるかも?

このブログが多言語に対応していると分かれば…。
日本語が分からない方でも、記事を読むためにブログに訪問してくれるかもしれません。
つまり、アクセスアップにつながるかもしれないということです。

これまでの私のブログは、基本的にはほぼ日本からのアクセスです。
そして、わずか数%の割合で、外国からのアクセスがある程度でした。

それが今回の多言語対応で、今後変わるかもしれませんね。
外国の方からのアクセスが増えることが期待できるかも。
とにかく、試さない手は無いですよね!

Jetpackのインストール・有効化

Google翻訳ウィジェットを使うためには、WordPressプラグインのJetpackをインストールする必要があります。
ダッシュボードのメニューから「プラグイン」→「新規追加」と進み、検索ボックスに「Jetpack」と入力してプラグインを検索してください。
Jetpackを見つけたら、インストールと有効化をしておいてください。

Jetpack

Google翻訳ウィジェットを配置

Jetpackが有効化されると、利用可能なウィジェットが増えます。
その中に、Google翻訳ウィジェットが含まれています。

ここでは、ブログのサイドバーにGoogle翻訳ウィジェットを配置してみます。

「外観」→「ウィジェット」と進んでウィジェット画面を表示させます。
そして、「利用できるウィジェット」の中から「Google 翻訳 (Jetpack)」を探します。
見つけたら、それをサイドバーの任意の位置にドラッグアンドドロップしてください。
以上で、Google翻訳ウィジェットの配置は完了です。

Google翻訳ウィジェット

Google翻訳ウィジェットの表示例

私のブログ上で、Google翻訳ウィジェットは以下の画像のように表示されます。
言語を選択すると、ブログのコンテンツがその言語に自動翻訳されます。

Google翻訳

まとめ

Google翻訳ウィジェットを使うと、ブログを多言語対応にすることができます。
これによって、日本語が分からない方でも、比較的手軽にブログ記事を読むことができるようになります。

Google翻訳ウィジェットの導入で、ブログへのアクセスが増えるかどうかは分かりません。
それでも、一度は試してみる価値はありますよね?
Google翻訳ウィジェットの導入は非常に簡単ですので、ぜひあなたのブログでも試してみてはいかがでしょうか?

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。
私の詳しいプロフィールについては、プロフィールページを参照してください。
Twitter: @suzushin7

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です