オセロ

新しい趣味としてオセロを本格的に始めようかと思う!

読了時間: 約258
オセロ

ちょっと質問ですが…。
あなたには、何か楽しんでいる趣味はありますか?
もし思いっきり楽しめている趣味があるのなら、それは羨ましいことですよ。

私の趣味は、一応、音楽鑑賞と読書ということにしています。
音楽を聴いたり、本を読むことは好きですからね。
それなりに楽しんではいますよ。

ただ、何と言いますか…。
もう少し人生に刺激が欲しいです。
もっと熱くなれるような、そんな趣味が欲しいと思うようになりました。

そこで白羽の矢が当たったのが「オセロ」です。
以前から興味はあったものの…。
これまでには、具体的なアクションまでには至らなかったのですよね。

「オセロの世界は奥が深い」
「極められるようになったら、きっと楽しくなるだろうな!」
そう思うようになったのです。

オセロに興味を持ったきっかけ

私がオセロに興味を持つようになったのは、大学生の時の特別講義がきっかけでした。

当時、私はその講義を受けて、オセロのAI対戦プログラムを開発するという課題が与えられました。
オセロについては、ルールは知っていたものの、戦術などはサッパリで、とても強いとは言えないレベルでした。
むしろほぼ初心者でしたね。

そこから、できるだけ強いAIを作ろうと思い、オセロの戦術やアルゴリズムに関する本を読みました。
インターネットからも情報を集めまくりましたね。
そして、最終的にはそれなりの強さのAIを作ることができました。

このオセロに関する研究を通して、私はオセロの世界が非常に奥深いものだと知ることができました。
「もし極めることができたら、それはそれは楽しいだろうな」と思いましたね。

入院中のオセロが楽しかった

私は統合失調症を発症してから、何度か入退院を繰り返しています。

入院中、私は他の患者さんと一緒に、暇つぶしとしてオセロをすることがあったのですが…。
まあこれが楽しいのですよ!
あっという間に時間が過ぎていきました。

大学生時代の事があって、オセロの基本戦術は把握していますので…。
勝率はなかなか良かったですよ。
でも、中にはものすごく強い方もいて、その人に負けたときはとても悔しかったのを覚えています。

勝ち負けがある競技ですので…。
どうせなら勝ちたいと思いますよね?
そのために、私は入院中オセロの研究をしていたりしましたよ。
それもまた、結構楽しかったのですよね。

オセロをすること自体が楽しい

今振り返ってみると…。
オセロをしているとき、私は「結構楽しんでいるのではないか?」と気づきました。
オセロの対戦をしたり、研究をしている時が、時間を忘れて夢中になれていたのです。
夢中になる経験をしたのは、私が子供だった頃のゲーム以来でした。

「それなら、いっその事オセロを趣味にしてしまえばもっと楽しめるのでは?」
そんな考えを最近抱くようになりました。
そして、その想いが日に日に強くなっていき、今こうして記事を書いています。

日本オセロ連盟に入ることも検討中

どうせオセロを本格的にやるのなら…。
大会などにも出てみたいですよね。
そして、自分の実力がどの程度かを知りたいというのもあります。

日本オセロ連盟に加入すると、様々なオセロ大会に参加できるようになります。
また、級段位の認定をしてもらえたりします。

「オセロで段位を持っています!」と言えたら…。
何だかカッコいいと思いませんか?

今まで、私はオセロの大会に出たことはありません。
なので、級段位は持っていません。
オセロの段位は、とても魅力的で正直憧れていますよ。

「オセロの大会で優秀な成績を残して、ぜひとも段位を獲得したい!」
これも立派な目標になりますよね?
まずは初段から始めて、徐々に上の段位に上がれるようにしたいです。

本格的にオセロを始めるという意思表示をするためにも…。
私は日本オセロ連盟に加入することを前向きに検討しているところです。

まとめ

これまで、興味はあったものの具体的なアクションまでにはいかなかったオセロ。
でも、これからはオセロを新しい趣味として始めてみようかと思っています。

「始めるのは簡単、でも極めようとすると奥が深い。」
そんなオセロの世界に、私は飛び込んでいきます!

果たして、これからどんなことが待っているのでしょうか?
今後の人生が、より豊かになるような経験ができたら良いですね。

オセロは、誰でも気軽に始められる趣味の1つです。
もしよかったら、この機会に私と一緒にオセロを新しい趣味として始めてみませんか?

created by Rinker
¥1,080
(2018/11/15 06:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。
私の詳しいプロフィールについては、プロフィールページを参照してください。
Twitter: @suzushin7

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です