スマホアプリ

脱力系TDゲームアプリ「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎」の感想

読了時間: 約357
ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 ドタバタ妖怪大戦争

テレビでちょくちょく見かけていた、「ゲゲゲの鬼太郎」の新作ゲームアプリのCM。
タワーディフェンス(TD)が好きな私としては、かなり気になるところです。

そこで、先日私はアプリを予約注文しまして…。
そして、ついに今日。
ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争」がリリースされました!

早速プレイしてみたのですが…。
これはなかなか面白いのではないですかね?

そこで、今回の記事では…。
この「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争」をプレイしてみた感想についてまとめてみます。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争」というのは、東映アニメーションが提供しているゲームアプリです。
あの有名なアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」をモチーフにしています。
ちなみに、お値段は基本プレイ無料。
略称は「ゆるゲゲ」。

ゲームジャンルは、タワーディフェンス。
もっと厳密に言うと、ラインディフェンスですかね。
既にある有名ゲームアプリで言うと、「にゃんこ大戦争」のような感じです。
というかほぼ同じです。

自分の拠点を守りながら、相手の拠点を攻め落とすゲームとなっています。
召喚するのは、ゲゲゲの鬼太郎に登場してくるキャラクターなのですが…。
その絵柄が…かなりゆるいものになっています(笑)。
まさにこれぞ脱力系といった感じですね。

なぜ、このようなゆるゆるな絵柄にしたのかはよく分かりませんが…。
おそらく、子供受けを狙ったのでしょうかね?
まあとにかく、ゲームの内容が面白ければ、こちらとしては問題無しです。

個人的には好きなジャンルのゲームですので、かなりのハイテンションになっています。
私は意気揚々とゲームをプレイしてみました。

ゲーム画面

オープニング画面

それでは、早速ゲーム画面を見ていきましょう。
こちらがオープニング画面。
既にここから、何だかゆるそうな雰囲気がありますよね。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

ホーム画面

ホーム画面。
かなりゆるゆるの見た目になっています。
図鑑、強化/編成、マップへ移動、ショップ、ガチャ、広場を選択できます。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

マップ画面

それでは、マップへ移動してみます。
こちらが日本編のマップなのですが…。
「にゃんこ大戦争」をプレイしたことがある方からすれば、なんか見覚えがある感じですよね?
システムが同じような…。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

バトル画面

気を取り直して、バトル開始です!
このゲームは、タワーディフェンス(ラインディフェンス)です。
画面右にある自分の拠点を守りつつ、画面左にある敵の拠点を破壊(?)すればクリアです。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

画面を見ていただけると、お分かりのように…。
キャラクターの絵柄がかなりゆる〜い感じになっていますよ。

バトルシステムも基本的には「にゃんこ大戦争」と同じですね。
一度のバトルに参加できるキャラクターは10体までです。

時間経過で魂が溜まっていきます。
魂が溜まったら、その魂を消費してキャラクターを召喚していきます。
魂レベル(画面左下)を上げると、魂の上がる速度と上限が上がります。

バトル中でゲージを貯めると、「大妖術」というものが使えます。
これはステージ上に雷を落として、全体にダメージを与えます。
また、「百鬼夜行」というものもあります。
攻撃力は低いものの、敵をある程度押し返してくれます。
ピンチの時に使うと効果的。

ガチャ画面

せっかくなので、恒例のガチャをやってみました。
果たして、どんな妖怪が当たるのでしょうか?

ガチャの演出。
これは超激レア確定の演出なのでしょうかね?
ねこ娘が喜んでいますよ。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

そして、出てきたのが…。
なんと超激レアの「ややヤマタノオロチ」です。
「やや」なのですね(笑)。
確かによく見ると、ヤマタノオロチにしては頭の数が少ないです。

強い妖怪を引いたのは良いのですが…。
コストが大きすぎて、現状ではまだ使えませんね…。
もっとゲームが進んでからでないと活躍できませんよ。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

10連ガチャをやってみた結果がこちら。
まあまあ引きが良いほうなのではないでしょうか?

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

序盤攻略のコツ

基本的な戦術としては、「にゃんこ大戦争」と同じになるのでしょうかね?
低コストの妖怪を大量に召喚したり、体力の高い妖怪を出して壁を作り、その後ろから攻撃力の高い妖怪で攻めるのが基本。

レベル上げについては…。
妖怪のレベル上げよりも、施設のレベル上げを優先したほうが良い気がします。
個人的には、施設強化は「魂最大値」「魂上昇スピード」を最優先に上げていくべきかと。
「経験値アップ」も上げておくと、その後のレベルアップスピードが早くなりますよ。

ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

プレイしてみた感想

CMで見ていた感じでは、タワーディフェンスっぽいということで期待していた私。
実際にプレイしてみると…。
もはやプレイ感は「にゃんこ大戦争」と同じでした。

開発がポノスということで、「にゃんこ大戦争」のシステムを流用したのでしょう。
それなら、開発の手間が少なくて済みますからね。

バトルシステムがほぼ同じですので、ラインディフェンス系の戦術が基本的にはそのまま通用します。
となると、如何にガチャで低コストの妖怪や壁役の妖怪、攻撃の要となる妖怪が当たるかが勝負でしょうか。
また、敵妖怪には属性もありますので、その属性に有利な妖怪も準備しておく必要があります。
特にメタルス対策は必須ですよ…。

ぱっとみた感じ、目新しさはほぼありません。
「にゃんこ大戦争」の「ゲゲゲの鬼太郎」バージョンだと思ってもらえれば間違いないかと。
「にゃんこ大戦争」や「ゲゲゲの鬼太郎」のファンの方なら、比較的とっつきやすいのではないですかね?

私としては、「にゃんこ大戦争」のようなゲームは好きですので…。
この「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎」も結構好きですよ。
私と同じように、タワーディフェンスやラインディフェンスが好きな方なら、きっと楽しめると思います。

まとめ

今回の記事では、脱力系タワーディフェンスゲームアプリ「ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争」についての紹介と感想についてまとめてみました。
一言で言えば、「ゲゲゲの鬼太郎」版の「にゃんこ大戦争」。
これに尽きます。

個人的には、もっと何か新しいシステムがあれば良かったのにとは思いますが…。
それでも、「にゃんこ大戦争」が好きな私としては、なかなか楽しめるゲームになっているかと。

あなたはタワーディフェンスやラインディフェンスのゲームが好きですか?
それなら、きっと「ゆる〜いゲゲゲの鬼太郎」は楽しめると思いますよ。
ぜひプレイしてみてくださいね。

ゆるゲゲ|ゆる~いゲゲゲの妖怪ドタバタ大戦争公式ウェブサイト

ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

TOEI ANIMATION CO.,LTD.posted withアプリーチ

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。
私の詳しいプロフィールについては、プロフィールページを参照してください。
Twitter: @suzushin7

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です