雑学

学校支援ボランティア(スクールサポーター)とは何だろう?

読了時間: 約218
学校支援ボランティア

私は子供が好きです。
同時に、何かを教えることも好きです。
そのため、子供に何かを教える仕事をしてみたいと前々から思っていました。

そんな時、何気なくインターネットで調べ物をしていた際に、ふと目にしたものに興味を持ちました。
それが「学校支援ボランティア」です。
地域によっては「スクールサポーター」などとも呼ばれたりするようですね。

学校支援ボランティアの仕事では、ゲストティーチャーとして特別授業をすることができるようです。
これを利用することで、私は子供たちに直接教えることができるのではと考えました。

学校支援ボランティア(スクールサポーター)とは何か?

学校支援ボランティア(スクールサポーター)というのは、学校において行われる様々なボランティア活動をする人のことを言います。
この場合、有償・無償は問いません。

学校支援ボランティアとしての仕事の種類というのは、意外とたくさんあります。
環境メンテナンス型の仕事としては、学校施設の修繕・塗装、植木の剪定など。
環境サポート型の仕事には、登下校の見守り・草取り・花壇整備など。
ゲストティーチャー型の仕事は、教科指導・英会話・楽器演奏・部活動指導など。
学習アシスタント型の仕事には、ミシン・調理実習・書道・絵画の補助など。

学校支援ボランティアとして働きたい場合には、申し込み用紙に必要事項を記入して、募集している市の担当課に提出します。
この申し込み用紙にて、自分がやりたい仕事の種類を選択しておきます。
後日、学校や教育委員会などからオファーが来た場合に、正式な学校支援ボランティアとして活動が可能になります。

収入(報酬)は発生するのか?

名称に「ボランティア」という名前が入っていますので、完全に無償なのかと思いきや…。
実は、有償でも募集している場合があるようですね。

いくつかの自治体での学校支援ボランティアについて調べてみると…。
完全に無償での活動としている自治体もあれば、時給制で募集している自治体もあります。
時給制の自治体でも、地域によってはその額に差があります。
低めのところでは900円台、高いところだと1,300円を超えています。
どうやら、かなりピンきりのようですね。

また、仕事の内容によって報酬が変わるところもあるようです。
おそらく、ゲストティーチャー型のような仕事だと、報酬が高くなる傾向があるのですかね?
仕事の専門性によって上下するのかもしれませんよ。

募集しているかどうかの確認

あなたがお住まいの自治体で学校支援ボランティアを募集しているかどうかが気になりますよね?
インターネットで「学校支援ボランティア 常総市(自治体名)」などと入れて検索してみてください。
場合によっては、募集ページが見つかることがあります。

最も確実なのは、お住まいの自治体に直接問い合わせをしてみることです。
「学校支援ボランティアをしてみたいのですが、現在募集はしていますか?」
などと訊けば、おそらく親切に対応してくれるでしょう。

まとめ

インターネットで何気なく見つけた、学校支援ボランティア(スクールサポーター)の仕事。
私にはとても魅力的に見えましたね〜。
ぜひとも、私はゲストティーチャーとして子供たちに授業をしてみたいです。
私が住んでいる自治体(常総市)ではどうやら募集しているみたいなので、ぜひ応募してみたいと思っています。

私が教えられそうなのは、プログラミングと卓球くらいですかね。
高度な内容は教えられませんが、入門レベルならきっと何とかなるでしょう。
需要があると良いのですけども…。

学校支援ボランティアの仕事は多岐にわたります。
もし興味のある仕事があるのなら、あなたも応募してみると良いかもですね。

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。
私の詳しいプロフィールについては、プロフィールページを参照してください。
Twitter: @suzushin7

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です