雑学

朝の時間を有効活用!最近話題の朝活のメリットと成功のコツ

読了時間: 約416
朝活

前々から気になっていた「朝活」というワード。
私もいつか実践したいなとは思っていたのですが、寝ているのが大好きなのでなかなかできませんでしたね…。

それでも…。
朝の時間をもっと有効活用したい!
早寝早起きをして健康的な生活を送りたい!
という気持ちが最近強くなってきました。

そこで、「今度こそは!」という想いで、私は朝活を始めることにしました。
ちなみに、今日は3時起きですよ!?
さすがにこれは早すぎる気がしますけどね…。

ところで、「朝活って何?」という方もいるかもしれませんので…。
今回の記事では、朝活についての簡単な説明とそのメリットについてまとめていきます。
また、朝活を成功させるためのコツについても見ていきます。

朝活とは何か?

朝活というのは、「朝の活動」という言葉から来ています。
意義としては、「出勤前や登校前などの朝の早い時間に、運動・勉強・趣味などといった自分の好きなことをすること」にあります。

深夜にテレビ番組を見たり、スマホやPCでネットサーフィンをしたりすることで、生活のリズムが崩れて夜型になってしまいますよね。
しかし、本来なら朝日が出てきたら起き始め、日が沈んだらゆっくり休むのが本来のリズムです。
朝日を浴びることによってセロトニンが分泌され、感情が安定するという効果もあります。
朝早くに起きて活動することは、健康のためにも良いことなのですね。

ちょっと考えてみてください。
仮に、1日2時間今までより早く起きたとします。
すると、1ヶ月に生まれる自由時間はどのくらいになるのでしょうか?

2(時間/日) x 30(日) = 60(時間/月)

1ヶ月に60時間ということは、1年にすると720時間。
実に30日分まるまるの時間が確保できたことになります。
これだけの時間があれば、何かに有効活用できそうですよね。

朝活のメリット

それでは、朝活をすることのメリットについて見ていきます。
早起きは三文の徳」とはよく言ったもので、朝活には様々なメリットが存在しています。

自由時間が増える

当たり前といえば当たり前なのですが…。
自分で自由に使える時間が増えます。
朝活の最大のメリットは、おそらくこれでしょう。

基本的に、朝活では何をしても良いのです。
読書をしたり、ウォーキングをしたり、勉強をしたり…。
あなたなりの思い思いの時間を過ごしましょう。

集中力や仕事効率が上がる

朝の時間帯というのは、脳が夜と比べるとスッキリとしています。
その分、脳の働きが活発になります。
すなわち、集中力や仕事効率が高まっている状態と言えます。
資格取得のための勉強をしたり、仕事をしたりするのがおすすめです。

早寝早起きの朝型タイプになる

朝早く起きることで、夜早くに眠くなります。
つまり、自然と朝型タイプになっていきます。

元々夜型だった人の場合は、最初辛いかもしれませんが…。
朝早く起きることを続けていくうちに、徐々に習慣化されていきますよ。
いずれ、夜遅くになると自然に眠くなってくると思います。

朝活では何をするのが良いのか?おすすめの活動

それでは、朝活では具体的に何をするのが良いのでしょうか?
おすすめの活動を見ていきましょう。

読書

まず、思いつきそうなものといえばこれ。
読書ですね!

「本を読もう読もうと思っていても、なかなか時間が取れない…」
そう思っている方はいませんか?
朝早く起きることで、その時間を確保してしまいましょう。

ちなみに、朝起きてからの3時間は、脳のゴールデンタイムと呼ばれているようです。
脳の状態がリフレッシュされていて、通常よりも記憶力や集中力が高まり、情報を整理しやすくなっています。
本から知識を吸収したいならピッタリの時間帯なのです。

もちろん、読むのはビジネス書や実用書以外の本でも構いません。
好きな小説などを読んで、気分をリラックスさせるのも効果的です。

運動

朝の運動というのは気持ちが良いもの。
春や秋なら気温的にも常に過ごしやすく、夏場は朝なら涼しいです。

「普段あまり運動する機会が無い」とお考えのそこのあなた。
ぜひとも朝に運動してみませんか?
きっと気分良く1日を過ごすことができるようになるでしょう。

ウォーキングなら負荷が軽いので、手軽にできますよね。
ヨガやストレッチで体を伸ばすのも良いです。

ちなみに、脳の前頭前野を鍛えるのに運動が効果的とされていますので…。
経営者は、朝のジョギングを日課にしている場合が多いようですよ。

仕事の計画や整理

朝起きてからの3時間ほどは集中力や記憶力が上がっている状態です。
この時間帯に、仕事の計画や整理をしておくと非常に効果的でしょう。

私も朝活を本格的に始めたら、ブログ記事を書く時間帯に回したいと考えています。
ちなみに、この記事は今日の早朝に書いているのですが…。
脳がスッキリとしていて、文章が比較的書きやすいように思いますよ。

朝活を成功させるためには?

せっかく私も始めようと思っている朝活。
成功させるためには、どのようなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

朝活でやりたいことを明確にする

朝早く起きることに成功したとします。
しかし、何もやることが無いのだとしたら…。
朝活している意味が無くなってしまいますよね。

朝活をすると決めたら、その朝活で何をしたいかと明確にしておきます。
基本的に、朝活で何をするのかは自由。
読書・運動・仕事などはもちろん、好きな趣味に使ったって構わないのです。
朝の時間帯を有意義に過ごしましょう。

睡眠時間を極力削らない

朝活をやろうと思っても、就寝時間はそのままにしていませんか?
それでは、睡眠不足になってしまいますよ?
睡眠不足のままでは、長期的には体調を崩す原因となります。

理想的な睡眠時間は、確か7〜8時間ほどとされていますので…。
それくらいの睡眠時間が取れるように、就寝時間をきちんと調整してください。

一気に早すぎる時間にシフトしない

やってしまいがちですが、これは要注意です。
いきなり一気に早すぎる時間帯に起きようとしてもうまくいきませんよ。
最悪、挫折の原因になりかねませんので。

対策としては、徐々に起きる時間帯を早めていくのが良いですね。
体内時計のリズムが早起きに慣れるようにしていきましょう。

まとめ

今回の記事では、朝活とは何か、そしてそのメリットと成功させるためのコツについてまとめてみました。
朝活にはメリットがたくさんありますので、ぜひとも取り入れたい習慣ではあります。

ただ、今まで夜型人間の私としては、朝活を習慣化するまではなかなか大変かもしれませんね。
無理をせずに、少しずつ早起きをするようにしたいですよ。
理想的には、5時くらいに起きられると良いかなと考えています。

もしよかったら、あなたもぜひ朝活をしてみてはいかがでしょうか?
きっと充実した生活が送れるようになるのではないでしょうか?

書いた人: 鈴木俊吾(すずしん)
フリーランスのライター・ブロガー・プログラマ。
私の詳しいプロフィールについては、プロフィールページを参照してください。
Twitter: @suzushin7

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です