入門者向け ブログ記事の書き方でおさえておくべきコツ6つ

スポンサーリンク
読了時間: 約228

ブログ

ブログ記事というのは、日記とは異なるものです。
きちんと戦略を立てる必要があり、読者が満足するような内容を書く必要があります。
でも、そのブログ記事の書き方というのは、普段の生活では教えられてきていませんよね?
これでは、一般の人は、ブログ記事を書こうとしても書くことができません。

そこで、今回の記事では…。
主にブログをこれから始めたいというブログ入門者の方を対象として…。
私が現役ブロガーとしてこれまでに記事を書いてきた経験で分かってきた、良いブログ記事を書くためのコツについてまとめてみます。

スポンサーリンク

1記事につき1テーマの原則

基本的には、1つの記事で扱うテーマ(主題)は1つまでです。
何かの主題(A)について書いたら、途中で別の主題(B)に変えてはいけません。
もしBについても書きたいのなら、別記事として書きましょう。

複数の話題を扱っている記事の場合、単独の話題を扱っている記事と比べると、その重要度が低く評価されやすくなります。
その結果、記事の検索順位が下の方になってしまいます。
もしそうなると、誰も読んでくれません…。
つまり、その記事は存在していないのと同義です。

複数の話題があるのなら、ちゃんと記事を分けましょう。
そうすることで、複数の記事を書くことができますし、きちんと内容を評価してもらいやすくなりますよ。

ターゲットとなる読者をきちんと想定する

記事は人に読まれるものです。
なので、「どんな人に読まれたい記事なのか」という、ターゲット(読者)をあらかじめ想定しておくことは大事です。

例えば、ブロガーについての記事を書くにしても…。

・ブログをこれから始めようと思っている入門者
・現役のブロガー
・プロブロガー

といった具合に、ターゲットが異なると、同じ記事を書くにしても、記事の書き方がだいぶ変わってきます。
今書こうとしている自分の記事は、一体誰に読んでもらいたいのかを常に意識しておきましょう。

タイトルと見出しで記事を読まれるかどうかがほぼ決まる!

あなたは普段、インターネットで記事を探す時に何を意識していますか?
また、見つけた記事を詳しく読むかどうかを何で判断していますか?

もうお分かりですよね。
そう、ブログ記事のタイトルと見出しを見て、大体決めていますよね。

すなわち、あなたの記事が読まれるかどうかは、ほぼタイトルと見出しで決まってきます。
思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトル、記事の内容が大まかにでも分かるような見出しがあってこそ、読まれるブログ記事になるのです。
大体7〜8割くらいはこれで決まってしまいますよ。

その分、十分に検討に検討を重ねて、タイトルと見出しを決めていきましょう。
特にタイトルは、検索結果に出るものなので、より重要です!
タイトルをパッと見た時に、その記事を読みたくなるかどうか考えてみてください。

記事の本文より先に見出しを書く

意外にも思われるかもしれませんが…。
記事の本文をいきなり書くのではなく、見出しを最初に書いていきましょう。

見出しから書き始めることで、どのような順序で話題を進めるのかという目安ができます。
また、記事の構成が分かりやすいものになっているかを確認することも可能になります。
見出しがガイドになって、その後の記事が書きやすいというメリットもありますよ。

試しに、次回の記事から見出しから書くように意識してみてください。
すると、あら不思議。
自然と記事構成がしっかりとした記事が書きやすくなりますよ。
ぜひお試しあれ。

タイトルと見出しには、読者が検索しそうなキーワードを含める

またまた、タイトルと見出しについての話題ですが…。
タイトルと見出しには、読者が検索しそうなキーワードを含ませるようにしましょう。
これは、SEOの点から見ても非常に重要です。

検索順位を決める要素として、重要な要素の1つは記事のタイトルです。
このタイトルに、読者が検索するようなキーワードが入っていないと、検索でヒットしてくれませんよ。
読者がどんなキーワードで検索してくるのかを常に意識した上で、記事のタイトルを決めましょう。

また、見出しにもできればキーワードを含ませましょう。
見出しの内容でヒットして上位表示されることがありますので。
かと言って、キーワードをむやみやたらと詰め込んだ、変な見出しにするのはやめましょう。
あくまでも、読者にとって分かりやすい見出しを付けるのが大事です。

一度書いた記事は何度も読み返して修正する

一度記事を書いたら、それで終わりではありません。
書き終わった記事を何度も読み返して、違和感がないかどうかを確認しましょう。

「誰に、何について」書いているか、きちんとターゲットとなる読者に合った内容になっていますか?
誤字、脱字はありませんか?
修正や追記したほうが良い情報はありませんか?

記事を読んでいて、ちょっとでも違和感があったら…。
その違和感が無くなるように、文章表現を変えてみましょう。
そして、再び読み返す。
この作業の繰り返しです。

面倒くさい作業だなと思うかもしれませんが…。
これも読者のためと割り切ってやりましょう。
こういった地道な作業が、最終的にはアクセスアップにつながっていくのです。

まとめ

今回の記事では、良いブログ記事を書くためのコツについて見てきました。
まとめると、1記事1テーマ、読者を想定、タイトルと見出しにキーワード、見出しから書く、何度も読み返す、ということですね。
いずれも基本的なことなのですが、非常に大事です。
ぜひこの機会に覚えておいてください。

私もこういったことを意識しながらブログ記事を書くようになってから、ブログへのアクセスが増えてくるようになりました。
すなわち、読者目線でブログ記事を書くことが大事だということですね。
これからも、私は読者に「分かりやすい!」「ためになった!」と言われるような記事を書いていければと思います。

コメント

  1. […] 関連記事 ≫ 入門者向け ブログ記事の書き方でおさえておくべきコツ6つ […]