301リダイレクト用WordPressプラグインRedirectionの使い方

スポンサーリンク
読了時間: 約133

Redirection

私は複数の特化ブログを運営することになったのですが…。
当ブログの過去記事を別のブログの記事に「301リダイレクト」する必要が出てきました。

そこで、WordPressプラグインで簡単に使えるものはないかと探したところ…。
Redirection」というプラグインを見つけました。

実際に使ってみたところ、あっという間にリダイレクトの設定ができました。
やり方は、リダイレクト元とリダイレクト先のURLを指定するだけ。
.htaccessファイルやPHPで、リダイレクト処理を書く必要が無いので非常に簡単。
WordPressをお使いの方で、ブログの引っ越しなどで記事をリダイレクトさせたい方にとっては超絶便利なプラグインです!

今回の記事では、その「Redirection」の使い方について解説していきます。
まあ実は、説明する必要も無いくらいに簡単なのですけどね。

スポンサーリンク

リダイレクトとは?

そもそも、リダイレクトというのは、ウェブサイトを閲覧した時に、特定のアクセス元のウェブページから別のウェブページへ自動的に飛ばす処理のことを言います。
URLリダイレクトと呼ばれることもあります。

リダイレクトの方法には、.htaccess、JavaScript、PHP、meta refresh、などがありますが…。
それぞれの方法によって、SEOへの影響が変わってきますので注意が必要です。

Redirectionとは?

「Redirection」というのは、リダイレクト元とリダイレクト先のURLを指定するだけで、簡単に301リダイレクトの設定を行うことができるWordPressプラグインです。
ブログの引っ越しや記事の移転などで、リダイレクト処理を行う必要が出た時に重宝します。

Redirectionのインストール方法

Redirectionのインストール方法は、普段WordPressで新規プラグインをインストールする時と同じです。

ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」と進み、プラグインの検索ボックスで「Redirection」と入力して検索します。
おそらく、一番左上に目的のプラグインが表示されますので、それをインストール・有効化してください。

Redirection

Redirectionの使い方

Redirectionは、ダッシュボードの「ツール」→「Redirection」に設定ページへのリンクがあります。
リンクをクリックすると、「転送ルール」の設定ページが表示されます。

転送ルールの設定方法は、非常に簡単。
「新しい転送ルールを追加」の部分で、リダイレクト元のURLを「ソースURL」に、リダイレクト先のURLを「ターゲットURL」に指定します。
そして、「転送ルールを追加」をクリックします。
以上、たったこれだけでOKです。

ちなみに、このリダイレクト元とリダイレクト先のURLには正規表現が使えます。
そのため、パターンにマッチした特定のアクセスを全て転送するなんてことも可能です。

Redirection

後は、リダイレクトさせたい記事の分だけ、転送ルールを作成していきます。
転送ルールの一覧は、画面上部にリストで表示されます。

Redirection

まとめ

今回の記事では、WordPressで301リダイレクトを設定するプラグイン「Redirection」についての紹介と、その使い方についての解説を行いました。
いかがでしょうか?
301リダイレクト処理の設定が非常に簡単にできるというのがお分かりになったのではないでしょうか?

ブログの引っ越しや記事を移転させたい場面というのは、時々あると思います。
そんなときは、このRedirectionを使って、301リダイレクト設定をすると非常に楽ができますよ。
ぜひ参考にしてくださいね。

コメント