ストレス発散にヒトカラがおすすめ!メリットとデメリット

スポンサーリンク
読了時間: 約234

一人カラオケ(ヒトカラ)

ストレスが溜まってきたな…。」と感じた時、あなたはどのようにしてストレスを発散していますか?

私の場合、色々なストレス発散方法がありますが…。
基本的には、ヒトカラ(一人カラオケ)に行って思いっきり歌うことでスッキリしています。

ヒトカラは、行き始めた最初の頃だけは多少恥ずかしかったですが…。
今では、特に恥ずかしさを感じることもなく、普通にヒトカラに行くことができていますよ。
ヒトカラ、楽しいです。

あなたは、今までにヒトカラに行ったことはありますか?
もし行ったことが無いのなら、ぜひ一度は行ってみることを強くオススメします。
その楽しさにやみつきになる可能性大ですよ!

一人でも多くの方が、ヒトカラに興味を持ってもらえるように…。
今回の記事では、ヒトカラのメリットデメリットについてまとめてみます。

スポンサーリンク

ヒトカラとは?

ヒトカラというのは、「一人カラオケ」の略です。
その名の通り、「一人でカラオケに行くこと」を指します。

以前と比べれば、ヒトカラはだいぶ認知されているようですね。
ヒトカラに行く人もだいぶ増えてきているらしいです。

趣味がカラオケという人は、ヒトカラが好きな人が多いでしょうね。
私もカラオケを趣味にしていますので…。
大体、月1〜2回くらいのペースでカラオケに行っています。
本当なら、週1回くらいにしたいですよ。

ヒトカラのメリット

それでは、ヒトカラのメリットについて考えてみましょう。

好きな曲を歌いまくれる

他の人とのカラオケの場合には…。
周りに合わせて、みんなが知っているような曲を歌うようにしていませんか?
これだと、本来自分が歌いたかった曲を歌うことができません。
そのため、不完全燃焼で終わることが多いです。

ヒトカラの場合は、周りの人がいませんので…。
自分が歌いたかった曲を好きなだけ入れることができます。

歌うジャンルも特に制限はありません。
J-POP、アニソン、東方、ボカロ、洋楽、などなど。

思い思いの好きな曲を歌いまくってしまいましょう!
気分がスッキリすること、間違いなしですよ!

歌の練習ができる

ヒトカラの場合、通常はできないことができるようになります。
それは「同曲連打」です。
同じ曲をもう一度入れることを指します。

ヒトカラは、特に歌う曲や回数に制約が無いので…。
そのため、同じ曲を何回歌ったって構わないのです。
つまり、歌の練習が思う存分できるわけなのですよ。

初めて歌う曲だったり、歌い慣れていない曲があったら…。
何度も入れて、練習してみましょう。
何回も歌っているうちに、自然と歌唱スキルが上達していくと思いますよ。

他の人がいないので、歌う時の恥ずかしさが無い

「カラオケは、他の人が見ているから恥ずかしくて好きじゃない。」
そんな方はいませんか?

でも、ヒトカラなら周りの人はいません。
そう、まさに自分だけの空間。
周りの人の目が気になることが無いのです。
その分、カラオケだけに集中できますよ。

ヒトカラのデメリット

それでは、逆にヒトカラのデメリットとは何でしょうか?

長時間のカラオケは疲れやすい

私が学生の頃は、オールナイトでヒトカラをしても全然平気でしたが…。
今では、長時間カラオケをしようとすると疲れてしまいます。
体力の低下を実感しますよ。

ヒトカラの場合、短時間の間に一気に曲を歌いまくれます。
その分、喉への負担も大きくなってしまいます。
もし、全ての曲を全力で歌っていたら…。
喉がガラガラになってしまうのも早いでしょうね。

私がヒトカラに行った場合には、大抵3時間くらいで終わりにします。
それくらいが、結構歌ったなと思えるラインです。
私の喉が耐えられるのもそれくらいですね。
本当ならもっと歌いたいのですが、残念ながら3時間以上になると喉が持たないのですよ…。

「ヒトカラです。」と店員に伝えるのが恥ずかしい

おそらく、これがヒトカラに行きづらくしている一番の原因。
店員に一人でカラオケに来ていると思われるのが恥ずかしいと思っていますか?

最初の頃は、私もちょっと恥ずかしかったです。
でも、今では問題なく堂々と「ヒトカラです!」と言えるようになりました。
いつも行くカラオケ店の店員とは、既に知り合いになってますし。

ヒトカラは、最初の恥ずかしさだけ乗り越えることができれば…。
あとは楽しい楽しい一人カラオケタイムが待っていますよ。
勇気を持って、ぜひ最初の一歩を踏み出してみてください。

ヒトカラ料金が加算されることがある

曜日や時間帯、時期によると思いますが…。
ヒトカラの場合、通常の料金に加えて、ヒトカラ料金が追加で請求されることがあります。
一人カラオケだと利益が少ないので、その補填なのでしょうかね?

追加料金は、まねきねこの場合、フリータイムで200円(税抜き)。
少々痛いですが…。
それでも、ヒトカラのメリットの大きさを考えれば十分すぎるほどです。

ちなみに、まねきねこなら…。
朝うたというプランがあります。
このプランだと、午前中は、なんと30分10円(税抜き)でカラオケを楽しめます!
別途ドリンクバーを頼む必要がありますが…。
それでも、大体550円ほどで最大3時間カラオケができますよ。

なので、基本的に私は朝うたでカラオケをしています。
3時間もカラオケができれば、とりあえずは満足できますからね。

まとめ

ヒトカラは、最初のハードルだけはちょっと高いかもしれませんが…。
一度行くことができれば、後はもう楽しむだけですよ!
思う存分、カラオケをエンジョイすることができます。

私はカラオケを趣味にしていますので、大体月1〜2回くらいヒトカラに行っています。
その際、他の人の様子を見ていると…。
私と同じように、ヒトカラで来ている感じの人も結構いますよ。
年代も若い方から高齢の方まで幅広いです。

ヒトカラは、もはや恥ずかしいことではありません。
堂々と胸を張って、「ヒトカラです!」と伝えてみましょう。
そこから、あなたのヒトカラライフが始まるのです!

もしあなたが歌うことが好きなら…。
ヒトカラを利用しない手はありませんよ。
ぜひヒトカラで思いっきり歌ってスッキリしませんか?

コメント

  1. ばらねこ より:

    カラオケネタにはしっかり食いつくばらねこです。
    もっぱらヒトカラに抵抗のない私ですが、私の場合、インターネットカフェ系でおなじみの快活クラブのワンツーカラオケに行っています。昼間は普通のカラオケ屋さんのほうが安いんですが、夜ならむしろ安くなるし。疲れたら、ネットしたり漫画読んで、フリードリンクですし。
    ワンツーの場合、1~2名を想定した作りで、コンデンサーマイクもヘッドホンがあれば使えます。近くにあるかどうか次第ですが、ほかのネカフェもそういうところあるかも・・・

    • ばらねこ さん

      コメントありがとうございます。

      なるほど、快活クラブのカラオケですか。
      それなら、ネットやマンガも利用できますので良いですね〜。

      私が住んでいるところには快活クラブがありますが…。
      今までに利用したことは無いのですよね。
      今度行ってみようかな?