レビュー

無料の楽譜作成ソフトMuseScoreが高機能で使いやすい!

投稿日:2019年2月9日 更新日:

読了時間: 約26

MuseScore

最近、私は作曲の勉強を始めましたが…。
このブログにも、作曲の勉強の成果をアウトプットしておきたいところですね。
その際、楽譜を表示できるようにしておくと、後で読み返したときに理解しやすいです。

そこで、私は無料かつMacで使える楽譜作成ソフトを探してみました。
いくつか候補が見つかったのですが…。
今回は「MuseScore」というソフトウェアを使ってみることにしました。

ちょっと試してみた感じでは、結構使いやすいですね!
それでいて、機能もとても充実しています。
これが無料だというのだからすごいですよ〜。

今回の記事では、この楽譜作成ソフト「MuseScore」についての紹介と簡単な使い方について解説します。

無料の楽譜作成ソフト「MuseScore」

「MuseScore」は、無料で使うことができる楽譜作成・作曲ソフトウェアになります。
Windows/Mac/Linuxで利用可能です。

五線譜やTAB譜を使って作曲するのと同じような感覚で、楽曲制作や楽譜を作成できます。
各種演奏表現・装飾記号・ドラム譜などに対応しています。
作成した楽曲は、WAVE/MP3/OGG/FLAC/MIDI形式の音声ファイルとして保存したり、PNG/PDF/XML/SVG/PS形式の画像ファイルとして保存できます。

MuseScoreの使い方

「MuseScore」の初回起動時には、スタートアップウィザードが表示されます。
ここでは、あなたの言語・キーボード配列などを問われます。

MuseScore

「続き」を押すと、言語を訊かれます。
基本的には、システム言語(ja_JP)のままで大丈夫です。

その次は、キーボード配列ですが…。
これは「JIS(日本語標準)」で良いと思います。
お使いの環境に合わせて設定してください。

続いて、ワークスペース。
「基本」と「アドバンス」があるようですが、私は「アドバンス」を選択。
そのほうが高機能そうな感じがしたので…。

その後は、ツアー。
これを見ると、基本的な操作方法が分かります。
できるだけ見ておくと良いでしょう。
ということで、私は「はい」を選択。
ここで「はい」を選択すると、ユーザーインターフェースに関する簡単な説明がされます。

メイン画面はこんな感じ。
大体、どれが何をするかというのが分かりますね。

MuseScore

楽譜の入力方法

曲のタイトルを入力するときは、「Title」の部分をダブルクリックします。
すると、編集可能になりますので、好きなタイトルを入力します。
ここでは、「サンプル曲」としてみます。

同様にして、右側の「Composer」をダブルクリックすると、作曲者名を入力できます。
ここでは、「鈴木俊吾」とします。

MuseScore

それでは、楽譜を入力してみます。

Nボタンを押して入力モードに変更します。
そして、配置したい音符の長さを選択した後、楽譜上でクリック。
もしくは、キーボードのショートカットキーでも入力可能です。

ここでは、マウスクリックでポチポチと入力していきますね。
いくつか適当に音符を入力してみたのがこちら。
徐々に音程が上がっていき、その後は下がっていくだけの曲(?)。
直感的に操作できますので、特に悩むことがありませんよ!

MuseScore

曲の再生

曲を再生するには、画面上部中央にある再生ボタン(▶)をクリックします。
すると、楽譜に入力されたとおりに音が鳴ります。
「開始位置に戻る」ボタンを押すと、曲の開始位置に戻ります。

MuseScore

画像ファイルとして保存

作成した楽譜を画像ファイルとして保存するには、エクスポートを使います。
「ファイル」→「エクスポート」を選択すると、ファイル保存画面が表示されます。
このとき、ファイル形式で画像ファイル(PNG/PDF/SVGなど)を選択します。
その後、保存すれば画像ファイルになります。

サンプル曲.pdf

音声ファイルとして保存

作成した楽譜を音声ファイルとして保存するには、エクスポートを使います。
「ファイル」→「エクスポート」を選択すると、ファイル保存画面が表示されます。
このとき、ファイル形式で音声ファイル(WAVE/MP3/OGGなど)を選択します。
その後、保存すれば音声ファイルになります。

まとめ

今回の記事では、無料の楽譜作成ソフト「MuseScore」の紹介と簡単な使い方について解説しました。
かなりザックリとした説明しかしていませんが…。
ユーザーインターフェースが分かりやすいですので、詳しく説明しなくても何となく操作できるでしょう。

「MuseScore」は、無料かつ高機能な楽譜作成ソフトですので…。
もしあなたが楽譜を作成したいと思っているのなら、試して見る価値があると思いますよ!

無料で使える楽譜作成ソフト | MuseScore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

鈴木俊吾(すずしん)

フリーランスのブロガー。

大卒後、公務員浪人になるも受験失敗。無職になり、長きにわたるニート期間を経験。その後、一念発起してフリーランスに転身。経験無し、コネ無し、実績無しでどこまでできるか挑戦中。未来日記を書いて、人生がどのように変化するのかを検証している。

私の欲しいものリスト

-レビュー
-, , ,

Copyright© スズシンラボ , 2019 All Rights Reserved.