Macアプリ

無料MacアプリRunCatでCPU使用率を可愛く視覚的に確認!

読了時間: 約131
RunCat

私はメインのパソコンとして「MacBook Pro 2017」を使用しています。
いわゆるMacと呼ばれるパソコンですね。
使い始めて半年ほど経ちますが、非常に使いやすいので重宝していますよ。

ところで、パソコンを使っているとCPU使用率が気になることがありませんか?
重い処理をしたり、複数のアプリを同時に使うなどすると、CPU使用率は上がります。
できれば、あまり負荷をかけずに、CPU使用率を低いままに維持したほうが良いのですが…。

CPU使用率を確認するには、基本的にはパソコンの状態を確認するアプリを起動する必要があります。
そのため、常時CPU使用率を監視するのはちょっとした手間がかかっていました。

そこで、私はAppStoreでCPU使用率を手軽に確認できるものが何か無いかと探してみたところ…。
RunCat」というMacアプリを発見しました。
インストールして使ってみると、「これは良い!」となりましたね。

そこで、「これはぜひおすすめしたいな!」ということで…。
今回の記事では、CPU使用率確認Macアプリ「RunCat」の紹介と、その使い方の解説をしたいと思います。

Macアプリ「RunCat」とは?

今回紹介する「RunCat」というのは、MacOS上で動作するMacアプリです。

「RunCat」では、CPU使用率を猫の走り具合で教えてくれます。
CPU使用率が低いとゆっくりの速度、逆にCPU使用率が高いと高速で、猫のアイコンが走ります。
現在のCPU使用率がどの程度なのかを視覚的に把握するのに役立ちますね。

ちなみに、「RunCat」のお値段は無料です。
他の有料となっている動物を走らせたい場合には課金が必要です。
私の場合は、デフォルトの猫がお気に入りなので大丈夫(笑)。

「RunCat」の使い方

「RunCat」をインストール後、起動します。
すると、猫がメニューバー上で走り出します。

RunCat

CPU使用率が低いと、ゆっくりの速度で走ります。
CPU使用率が高いと、それはもう驚くほどの速さで走ります。
基本的な機能は、これになりますね。

猫のアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。
メニューでは、Runner(動物)やアプリの設定ができます。
選べる動物は数種類ありますが…。
この他にも、Runners Storeで購入できるようです。

RunCat

とてもシンプルなアプリなのですが…。
懸命に走っている猫を見ていると癒やされますね〜。
CPU使用率が高い時の猫の様子を見ると、ちょっと気の毒ですけども…(笑)。

まさに「シンプル・イズ・ベスト」といった感じのアプリですよね!
必要十分な機能のみ(CPU使用率確認)がある。
もうそれだけでOKですからね。
猫のアイコンが走るのはおまけ(メインかも?)なのでしょうが、これがまあ可愛い(笑)。
この「猫が走る」というアイデアがウケているので、きっと人気アプリになっているのでしょうね。

私もアプリ開発をしていますが…。
こういった、シンプル・イズ・ベストのアプリを開発してみたいものです。
いつか大ヒットアプリを作ってみたい!

まとめ

今回の記事では、CPU使用率を可愛く視覚的に確認できるMacアプリ「RunCat」の紹介と使い方の解説をしてみました。
CPU使用率に応じて猫が走る。
非常に単純なアプリなのですが…。
実用的な上に、猫が可愛らしくてとても良いです!

Macのパソコンをお使いの方は…。
もし良かったら、今回紹介した「RunCat」をインストールしてみてはいかがでしょうか?
懸命に走る猫の姿に、とても癒やされると思いますよ〜。

RunCat

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です