つぶやき

今後のブログ記事は長文ではなく、簡潔な短文で書きます!

投稿日:

読了時間: 約117

ブログ

これまで、私はブログ記事を書くときには「できるだけ長く書く」ということを意識していました。
これはいわゆる「長文SEO」を狙っていたのですよ。
「長文を書いた方が検索で上位に入りやすい」という話をよく聞くからです。

ただ、最近ですね。
私はふと、こう思うようになりました。

「別に検索順位を意識して、長文を書く必要は無いのではないか?」
「読者は、できるだけすぐに検索したいことを知りたいはず!」
「それなら、むしろ簡潔な短文で書いたほうが読者のためになるのでは?」

そこで!
今後、私はブログ記事を書く際は…。
「分かりやすく簡潔で、できるだけ短文で書く」ということを意識して書こうと思います。

あまりにも長い記事は読むのが辛い

あなたも経験がありませんか?
あることを調べようとして、ある記事を読んでみたものの…。
あまりにも文章が長くて読むのが辛くなったという経験が。

確かに、詳しく書かれているなら仕方ないとは言え…。
それでも、長文を読むというのはなかなか大変です。

無駄に長いだけの内容が薄い記事

中には、無駄に文章が長いだけで、内容が薄い記事なんてものもありますね。

…えぇ、例えば、私の記事です(笑)。
正直言うと、何とか字数を稼ごうと無理やり書いていたのです。
でも、その努力に対するリターンはほとんどありませんでしたよ。

「こんなに長文を書いたのに、アクセスが全然ないじゃないか…。」
そんな風に思っていましたね。
実際、1日に数PV程度のアクセスしかない記事が多いです。

きっと、私の記事の書き方に問題があるのでしょう。
無駄に長文にしただけの記事だと、やはり検索上位には入らないようですね。
記事の質をしっかりとGoogleはチェックしているのでしょうか?

これからは、分かりやすく、短文で。

ともかく、私のこれまでの書き方である、「無駄に長い長文はダメ」ということが分かりました。

そこで!
いっその事、その無駄な部分を一切省いた短文記事を書こうと決めました!

どのくらいの分量を短文と言うかは定かではありませんが…。
私の中では、1,200文字くらいまでを短文と定義しようかなと思います。
これは、原稿用紙で言うと3枚分です。
夏休みの宿題で出る、読書感想文くらいの分量でしょうか?

1,200文字なら、大体1〜2分くらいで読むことができますので…。
ちょっと読みたい時に、サクッと読めます。
そして、そこに知りたいことの答えがあるならそれで十分ですよね。

わざわざ長文の記事を読んで、数分かかって答えを知るよりも…。
短文の記事で、パパっと答えを知れたほうが楽ですし。

読み手としては、すぐに答えが分かる。
書き手としては、書きやすく無駄がない文章になる。
お互いにWin-Winになるのではないでしょうか?

まとめ

これまで私は、無駄に長い駄文を量産していました。
今まで辛抱強く読んでくださってありがとうございました。

でも、これからは生まれ変わります!
知りたいことを簡潔に分かりやすく、そしてできるだけ短文で書くことを心がけたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

鈴木俊吾(すずしん)

フリーランスのブロガー。

大卒後、公務員浪人になるも受験失敗。無職になり、長きにわたるニート期間を経験。その後、一念発起してフリーランスに転身。経験無し、コネ無し、実績無しでどこまでできるか挑戦中。未来日記を書いて、人生がどのように変化するのかを検証している。

私の欲しいものリスト

-つぶやき
-, , , , ,

Copyright© スズシンラボ , 2019 All Rights Reserved.