短歌

新しい趣味に「短歌」を始めると言葉遊びが楽しくなるかも!

投稿日:

読了時間: 約138

短歌

前回の記事で、私は「日々の生活がマンネリ化していてつまらない」と書きました。
そんな状況を打破すべく、私は何か新しい趣味探しを始めていますよ。
そして、白羽の矢が当たったのが「短歌」。

短歌と言えば、学校で少し習ったくらいの知識しかないのですが…。
短い言葉で気持ちを上手く表現する練習にもなって、ちょうど良いかなと思うようになってきました。

日々思っていることを、素直に31音で表現する。
なんだか風流だと思いませんか?
古典で言えば「いとをかし」。
とても趣がありますよね〜。

短歌を本格的な趣味にするかどうかは今後次第ですが…。
とりあえず、試しにやってみるのも悪くないかなと思います。

短歌とは?

短歌というのは、和歌の一形式です。
五・七・五・七・七の31音で表現します。
短歌を用いると、日々の暮らしの中で感じたことなどを表現できます。
短歌と言えば、昔の貴族のたしなみとして詠まれていましたよね。

短歌のルールとしては、五・七・五・七・七の形で表現するということくらいです。
俳句のように、季語を入れなくてはならないということはありません。
自分の感じたこと、考えたことを整理して31音にまとめるだけで良いのです。

言葉遊びの中では、とても趣がある表現方法だと思いますよ。
もし綺麗に気持ちを表現することができたら、きっと楽しくなってくるでしょうね。

有名な短歌の一つに、俵万智さんの短歌があります。
もしかしたら、読んだことがあるかもしれませんね。

「この味がいいね」と君が言ったから
七月六日はサラダ記念日
- 俵万智

こんな風に、本当にささいな日常のことを題材にすることができるのです。
これなら、比較的気軽に取り組むことができるのではないでしょうか?

初めての短歌を作ってみた!

そこで、私も早速短歌を作ってみることにしてみました。
既に短歌を公開しているのですが、あなたはお気づきですか?

実は…。
この記事の「タイトル」が短歌になっているのです!!
今回は、ちょっと意識してタイトルを設定してみましたよ。

新しい趣味に「短歌」を始めると言葉遊びが楽しくなるかも!
- 鈴木俊吾

今の気持ちをそのまま素直に書いただけです。
「新しい趣味として短歌を始めようと思っていて、その言葉遊びに夢中になるかもしれない。」
まさしく、そのまんまですね(笑)。

できれば、何かひねりのようなものが入れられたら良いのですが…。
私の語彙力では、良いものが特に思い浮かびませんでしたよ。
そのまま、直球で表現してみました。

このように、短歌というのは、詠むこと自体は比較的簡単です。
極めようとすると、なかなか奥が深いのかもしれませんけど…。

ブログで短歌を発表してみるのも良いかも!

短歌を考えたら、発表する場所が欲しいですよ。
最も手軽なのは、ブログで公開することでしょうね。

そこで!
今後、短歌が思いついたらブログで発表してみることにします。

現状、短歌のクオリティは低いかもしれませんが…。
何度もやっているうちに、徐々に上達していくかもしれませんよね。
それに、文章の表現力アップに繋がるかも!

また、ブログで発表するという形にすることで、継続するモチベーションにもなります。
ただ自分の中だけで考えているだけじゃつまらないですし。
「作ったら、とりあえず公開する」というスタンスで行こうと思います。

まとめ

新しい趣味候補を探している私。
その中で、私は「短歌」に興味を持ち始めました。

短歌であれば、すぐにでも始められますし、お金もかかりません。
非常にお手軽ですよね!

今後、ブログで短歌を発表していきたいと思っています。
短歌という形で、自分の気持ちをうまく表現できるようになりたいですね。
何か傑作が生まれると良いのですが…。

あなたも、何か新しい趣味を探しているのなら…。
「短歌」なんていかがでしょうか?
とても風流で、良い趣味になるのではないでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

鈴木俊吾(すずしん)

フリーランスのブロガー。

大卒後、公務員浪人になるも受験失敗。無職になり、長きにわたるニート期間を経験。その後、一念発起してフリーランスに転身。経験無し、コネ無し、実績無しでどこまでできるか挑戦中。未来日記を書いて、人生がどのように変化するのかを検証している。

私の欲しいものリスト

-短歌
-, ,

Copyright© スズシンラボ , 2019 All Rights Reserved.