マジックザギャザリング(MTG)

MTGアリーナに久々復帰。カラー・チャレンジを全て攻略!

MTGアリーナ - カラー・チャレンジ(青)

こんにちは、鈴木俊吾(@suzushin7)です。

以前、私は「MTGアリーナ」をWindowsで少し遊んでいたのですが…。
途中からメインPCがMacになったため、ここしばらくはプレイしていなかったのですよね。
そう、Mac版は当時プレイ不可だったのですよ。

ただ、最近になって…。
ついにMac版のMTGアリーナがリリースされました!!

「いつかまたMTGを再開したいな…」と思っていた私にとっては朗報です。
早速、MTGアリーナをダウンロード・インストールしてプレイしてみました。

MTGアリーナを久々に再開してみると、「カラー・チャレンジ」なるものが用意されていました。
他のコンテンツを開放するためには、どうやらこれをクリアしないといけない模様。
というわけで、今日はカラー・チャレンジを攻略していましたよ。
無事、全ての色を攻略完了できました。

今回の記事では、MTGアリーナのコンテンツであるカラー・チャレンジについての簡単な紹介と攻略のアドバイスをしてみます。

MTGアリーナとは?

これについては、説明するまでも無いかと思いますが…。
MTGアリーナというのは、マジックザギャザリング(MTG)のアプリ版。
現在は、WindowsとMacに対応しています。
後々、スマホアプリも2020年中にリリースされるとのこと。

MTGというのは、世界最古のトレーディングカードゲーム。
世界的にも人気があり、プレイヤーの数も非常に多いです。

様々な能力を持つカードで60枚のデッキを作り、他のプレイヤーと対戦します。
カードの種類は非常に多いため、その組み合わせも千差万別。
戦術もデッキコンセプトによって全く異なります。
それがMTGを面白くしている要因の一つでしょうね!

ちなみに、MTGはルールが複雑なTCGとしても有名。
ルールを正しく理解するためには、ある程度の読解力も必要です。
最初の頃はプレイ自体が大変かもしれませんが…。
ある程度慣れてくれば、スムーズに遊べるようになると思いますよ。

MTGアリーナのカラー・チャレンジとは?

「カラー・チャレンジ」というのは、MTGアリーナのコンテンツの1つ。
色の特徴を理解するためのイベントですね。

MTGのカードには、5つの色(白・青・黒・赤・緑)が存在します。
それぞれの色には特徴があって、得意な戦術や苦手なタイプがあります。
緑はマナ加速が得意、赤は火力や速攻が得意、などといった感じ。

各色のデッキが用意されていて、あなたは他の色を使うAI相手に対戦します。
自分が使っている色以外のAI(つまり4戦)に全て勝つと、最後は他のプレイヤーと戦います。
最後のバトルに関しては、勝っても負けても一応クリアということになります。

カラー・チャレンジを攻略してみた

それでは、早速私もカラー・チャレンジに挑戦。

さきほども書きましたが…。
MTGには5つの色が存在します。
白・青・黒・赤・緑ですね。

どの色から攻略しようかと考えましたが…。
個人的に、最も好きな色である青を選択。
まあ最終的には、全色クリアすることになるのですけども。

以下の画面を見るとお分かりのように…。
全部で5戦をすれば良いようです。
デッキに関しては、最初から用意されています。

MTGアリーナ - カラー・チャレンジ

そして、いよいよ対戦開始!
デッキの内容を確認するのを忘れていましたので…。
対戦中に手札に来たカードをその都度確認しながらプレイ。

緊張の初戦でしたが…。
ふむふむ、これは飛行クリーチャーを強化して殴れば良いのだなと理解。
無事、強化された飛行クリーチャー軍団で攻撃して勝利!

MTGアリーナ - カラー・チャレンジ(青)

1回勝つごとに、新しいカードがゲットできてデッキが強化されます。
次の対戦時には、それらのカードを活かしながら戦う感じになりますね。

最終戦は、他のプレイヤーとの対戦。
普通に相手も単色デッキで来るのかと思ったら…。
まさかの多色デッキ!?
あっ、多色でも良いのかというのにちょっと驚き。
深呼吸をして冷静になってから、自分のデッキを信じて対戦に挑みました。

各色に対して、5戦全てクリアすることでカラー・チャレンジは攻略可能。
何とか、私は初見で全て一発クリアできましたよっ!
対プレイヤー戦も全て勝利でした。

カラー・チャレンジ攻略のコツ

カラー・チャレンジを攻略する際のコツですが…。
それは、対戦前のコメントをよく読んで対策を考えることです。

例えば、自分のデッキが青の時の第3戦。
対戦相手は白のデッキを使ってきます。

この時に表示されているコメントは…。
「白の魔道士は、オーラで自分のクリーチャーを強化したり対戦相手のクリーチャーを除去したりしてきます。」

つまり、この対戦では…。
対戦相手の強化クリーチャーをバウンスしたり、無効化された自分のクリーチャーを手札に戻すのが有効なのかなと推測されますね。

実際、対戦相手は「平和な心」を使ってきますので地味に厄介。
こちらは「送還」でしっかり対処していきましょう。

そして、最終戦。
これに関しては、別に負けても大丈夫なのですが…。
対戦する以上、どうせなら勝ちたいですよね!

私が使用した青単デッキのレシピ

参考までに、私が作った青単デッキのレシピを載せておきます。
基本的には、コモン・アンコモンが中心のカード構成になっています。
使用しているレアカードは「謎かけ達人スフィンクス」2枚のみ。
これなら、比較的デッキを組みやすいのではないでしょうか?

【クリーチャー】
・幽体の船乗り 3枚
・塩水生まれの殺し屋 4枚
・雲族の予見者 4枚
・暴風のドレイク 4枚
・謎かけ達人スフィンクス 2枚

【呪文】
・選択 4枚
・送還 4枚
・否認 3枚
・本質の散乱 4枚
・捕獲球 4枚

【土地】
・島 24枚

デッキのメインコンセプトは、「塩水生まれの殺し屋」を強化して殴る。
別の勝ち筋は、飛行クリーチャーを「暴風のドレイク」で強化して殴る。

デッキに入っているスペルカードは、基本的にインスタント。
「捕獲球」は瞬速を持っていますので、実質インスタント。

「塩水生まれの殺し屋」をプレイした後は、相手のターンにスペルカードを唱えていきます。
カウンター呪文で打ち消す、「選択」で1ドロー、「送還」でバウンス、「捕獲球」で無力化、と色々なことができますね。
相手の行動に対してアクションしているうちに、自然と「塩水生まれの殺し屋」が育っていきますよ。

保険として、飛行クリーチャーで殴るプランも用意しています。
飛行クリーチャーを全部で13枚搭載してありますので…。
場に出した飛行クリーチャーは、「暴風のドレイク」で強化してあげましょう。
もし「暴風のドレイク」が2枚以上並ぶと、かなりの火力になりますよ。

今回は、低レアカードを中心にデッキを組んでみましたが…。
なかなか良い感じにできあがったのではないかと思っています。
プレイング自体もそれほど難しくはないですので、MTG初心者の方でも扱えるかと。
ぜひお試しあれ!

ひとこと

最近になって、Mac版のMTGアリーナがリリースされました!
メインPCがMacの私としては、非常に嬉しい出来事ですね。
思わず、すぐに飛びついてしまいましたし(笑)。

今日は、カラー・チャレンジの攻略をしてみましたが…。
これもチュートリアルの延長といった感じでしょうか?
対戦相手となるAIは、それほど強くはありませんからね。

とは言っても、実はあと1ターンライフを削り切るのが遅かったら負けだったという対戦がありましたよ…。
油断すると、負ける可能性が十分考えられます。
意外と絶妙な強さの塩梅なのかもしれません。

とにかく、このカラー・チャレンジを攻略するには…。
各色の特徴をまずは何となくでも理解しましょう。
そして、カードのシナジーを最大限活かしていくのが大切ですね。

もし、あなたもMTGアリーナを始めたばかりなら…。
チュートリアルが終わったら、このカラー・チャレンジを攻略してみてはいかがでしょうか?
各色について理解が深まると思いますよ。

MTG ARENA|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

著者情報

鈴木俊吾(すずきしんご)
鈴木俊吾(すずしん)

座右の銘は『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』。
大卒(情報科学)→公務員浪人→無職→フリーライター。

趣味は、音楽鑑賞/読書/カラオケ/マジックザギャザリング(MTG)。
好きな歌手は、水樹奈々/TUBE/ナオト・インティライミ/いきものがかり/奥華子など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)