アプリ

今見ているページを保存して、後で読み返せるPocketの使い方

Pocket

こんにちは、鈴木俊吾(@suzushin7)です。

あなたは、普段何か気になるウェブページを見つけた時に、どのように管理しているでしょうか?

お気に入りブックマーク、はてなブックマーク、メモなど、方法は色々ありますよね。

実は「一旦記事保存しておいて、後で読み返したい」というニーズを満たしてくれるツールがあるのですよ。
それが、今回紹介する「Pocket」。

最近、私も使い始めたのですが…。
これ、意外と便利で役立っています!
もっと早くから利用しておけば良かったですよ。

「これはぜひともオススメしたい!」
そう思ったので、今回はPocketの紹介と使い方の解説をしてみます。
まあ、実は使い方を説明せずともすぐに使えるとは思うのですが…。
とりあえず、一応。

Pocketとは?

「Pocket」というのは、インターネット上にあるウェブページを一旦保存しておき、後でまとめて読めるようにするサービスです。
保存された記事は、Pocket上で一元管理されます。

利用料は基本無料。
有料プランもありますけどね。

元々は「Read It Later」というサービス名で始めたFirefoxの拡張機能でした。
それが現在では、Windows/Mac/Android/iPhone/Chrome/Safari/Firefox/Operaなどといった、様々なOSやウェブブラウザに対応しています。

インターネット上で、気になる記事が見つかったら…。
とりあえずPocketに保存しておけば、後で読み返すという作業が非常に楽になります。

Pocketの利用料金

Pocketは、基本的には無料でも十分使えますよ。
ただ、プレミアムアカウントに登録すると、以下のような特典があります。
ちなみに、プレミアムアカウントの料金は、月額500円または年額4,500円。

・広告の非表示
・コンテンツの永久保存
・全文検索
・関連タグのおすすめ

Pocketのアカウント登録方法

Pocketのアカウント登録方法は、非常に簡単。
メールアドレスを登録またはGoogleアカウントと連携するだけです。
私の場合は、Googleアカウント連携を利用しています。

以下のリンク先に移動しましょう。
そして、画面右側にある「Googleで登録」または「メールで登録」をクリックします。
メールで登録する場合、名前・メールアドレス・パスワードを入力することになります。

Pocket

Pocket

Pocketの使い方

それでは、ここから具体的にPocketの使い方を説明していきます。
実際やってみるとすごく簡単です。

記事の保存方法

記事の保存方法は、主に2通りのやり方があります。
1つはウェブブラウザの拡張機能「Save to Pocket」と使う方法。
もう1つは、Pocket上で直接ウェブページのURLを入力する方法です。
それぞれについて確認していきましょう。

Save to Pocketで保存する方法

こちらを使うほうが簡単・お手軽なので推奨。
Chrome/Safari/Edge/Opera用に、Pocket用のブラウザ拡張機能が用意されています。

お使いのウェブブラウザに導入した後は、保存したい記事を見つけたらボタンをポチッとするだけ。
わずかワンクリックでPocketに保存することが可能です。

以下のリンク先が、Chrome版のSave to Pocketのインストールページになります。

Save to Pocket – Chrome ウェブストア

インストールが終わりましたか?
そうしたら、記事を保存してみましょう。

まず、保存したいウェブページを表示しておきます。
その状態で、さきほど追加したSave to Pocketをクリック。
以上で、Pocketへの保存は完了です。

Pocket - 記事の保存

なお、保存時にタグを登録することが可能です。
記事に関連したタグを入力しておくと、後でPocket上の記事を検索する際に便利。
ぜひ利用することをおすすめします。

Pocket - タグの設定

ウェブページのURLを直接入力して保存する方法

こちらは、ウェブページのURLをPocket上で直接入力して保存する方法です。

まず、保存したいウェブページのURLをコピーしておきます。
その後、Pocketのページを開きます。
画面右上の「+」(追加)マークをクリック。
すると、URLを入力する部分が表示されますので、URLをペーストして「保存」を押します。

Pocket - 追加

基本的な使い方

Pocketのデザインは、非常に直感的で使いやすいです。
そのため、特に説明しなくてもすぐ利用できると思いますが…。
一応、ちょっとだけ。

保存した記事を読みたいときは、対象の記事をクリックします。
すると、シンプルなデザインが適用されたページが表示されます。
基本的には、記事の内容のみの簡素な画面となっています。

Pocket - 保存した記事

ちなみに、画面上部にあるアイコンをクリックすることで…。
ハイライト、タグの登録、お気に入りに登録、アーカイブ、削除などができます。
マイリストからも、同様のようなことが可能です。

保存した記事が多くなってくると、フィルタ機能が役立ちます。
お気に入り、ハイライト、タグなどを元にして記事を検索できます。

Pocket

ひとこと

今回の記事では、後で読み返したい記事を保存しておくことができるサービス「Pocket」についての紹介と、その使い方について解説してみました。

後で記事を読み返したいと思う場面は意外と多いですので…。
そのため、このPocketは非常に重宝するでしょうね!

今までは、メモ帳に記事のタイトルをメモして、後で検索をし直すという面倒なことをしていたのですが…。
Pocketがあれば、もうそんなことはしなくて済みますよね。
手間がだいぶ省けますので、大きな時短にも繋がります。

Pocketの存在は以前から知っていたのですが…。
これまでは、何となく使う気になれなかったのですよね。
でも、いざ使ってみると、そのあまりの便利さにハマりましたよ!
もっと早くから利用しておくべきだったと後悔しています。

Pocketは無料で利用できますので…。
ぜひあなたも使ってみてはいかがでしょうか?
個人的にはすごくオススメですよ!

Pocket

著者情報

鈴木俊吾(すずきしんご)
鈴木俊吾(すずしん)

座右の銘は『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』。
大卒(情報科学)→公務員浪人→無職→フリーライター。

趣味は、音楽鑑賞/読書/カラオケ/マジックザギャザリング(MTG)。
好きな歌手は、水樹奈々/TUBE/ナオト・インティライミ/いきものがかり/奥華子など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)