音楽

仕事効率化で音楽を聴くならインストゥルメンタルがおすすめ

作業用BGM

こんにちは、ハッピーライフサポーターの鈴木俊吾(@suzushin7)です。

ちょっと質問ですが…。
あなたは、仕事や作業をする際に何か音楽を聴いていますか?

作業用BGMを聴きながら作業をすると、自然と作業が捗る場合がありますよね。
私の場合も、何か作業をする場合には適当に音楽を流していますが…。
比較的集中して作業に打ち込めるような気がしています。

ところで…。
作業用BGMには、どんなジャンルの曲を使っているでしょうか?
J-POP、洋楽、アニソン、ボカロ…などなど。
候補は色々あります。

ただ、私のこれまでの経験上では…。
仕事効率化目的で音楽を聴くとしたら、個人的にはインストゥルメンタルがおすすめです。

無音状態よりも少々雑音があったほうが集中できる

実は、人間というのは…。
完全な無音の状態よりも、少々の雑音があったほうが集中できるらしいのです。
具体的には、落ち着いた感じの喫茶店くらいが目安となります。

喫茶店というと、意外とガヤガヤしているような気がしますが…。
実際作業してみると集中できますよ。
私も喫茶店で勉強をしたことがありますが、自宅で勉強するよりも捗っていたような印象を受けます。

一度に複数のことをこなすのは難しい

ただ、ここで気をつけたいことがあります。

それは…。
人間というのは脳の仕組み上、一度に複数のことをこなすのは難しいのです。
基本的には、一度に1つのことしか集中できません。

作業用BGMを聴きながら作業をするというのはマルチタスクです。
なので、下手をすると逆に作業効率を落としてしまう可能性があります。

あなたも経験がありませんか?
好きな音楽を聴きながら勉強しようとしたら、曲の方に気を取られて全く勉強できなかったということが。
これでは、まさに本末転倒ですよね。

好きな曲を流して作業することは、テンションを上げるためにも良いことです。
ただ、作業より音楽に集中してしまっては意味がありません。

そこで、ちょっとした工夫が必要になるのです。

作業用BGMにはインストゥルメンタルが良い

これまで、私は色々な音楽を試しながら作業をしてみました。

その結果…。
私の場合は、インストゥルメンタルを聴いているときが最も作業に集中できていると思いましたよ。

インストゥルメンタルというのは、要するにボーカルが無い、曲だけの音楽のことを指します。

過去には、ボーカルありの曲を聴きつつ作業したこともありますが…。
どうしても、曲が気になってしまい気が散るのですよね…。
音量を低めにすると多少違いますけども。

ボーカルありだと、無意識に歌詞を気にしてしまいますからね。
それに好きな曲ということもあって、心のなかで一緒に歌ってしまう始末。
これでは作業に集中できるはずもないですよ…。

その点、インストゥルメンタルであれば、歌詞はありませんので…。
純粋に曲自体を楽しむことになります。
妨害される要素が減りますので、より作業に集中しやすいというわけです。

とは言うものの…。
聴く曲によっても、集中のしやすさには差があります。

あまりにアップテンポな曲だと、テンションが上がりすぎて作業がしにくいです。
かと言って、スローテンポすぎる曲だと、それに引きずられて作業の速度が遅くなりがちです。
曲のテンポが与える影響というのは、意外と大きいのです。

個人的には、曲のテンポは100〜160BPMくらいが快適に作業できるような感じがしていますよ。
もちろん、これには個人差があると思いますので、色々と試行錯誤してみてくださいね。

おすすめの作業用BGM(インストゥルメンタル)

では、ここで…。
私が個人的におすすめしたい作業用BGM(インストゥルメンタル)をいくつか紹介したいと思います。

まず紹介したいのは「【令和のはじまり】心がやすらぐ、和風曲メドレー【高音質】Traditional Japanese Music」というYouTube動画。
タイトルにもあるように、和風曲をメドレー形式の動画にしたものです。

やはり、日本人の私としては和風の曲を聴くと心が落ち着きますね。
和風の曲って、旋律が綺麗でグッと来るものがありますよ。
テンポは全体的にややゆっくりめですので、焦らず作業ができます。
メドレーなので聴き飽きないというのも嬉しいポイント。

続いて紹介するのは「勉強用 + 作業用BGM! カフェミュージックで集中力UP!!」というYouTube動画。
こちらは、カフェで流れるようなBGMを採用しています。

カフェで流れている曲というのは、何だかオシャレですよね。
時々コーヒーを飲みつつ作業をすると雰囲気が出ます。
ちなみに、この動画…なんと長さが3時間超えですよっ!?
長時間の作業をするときに聴くと効果抜群かも。

最後に紹介するのは「厳選100分 冒険用 ケルト音楽集【Celtic Music】長時間作業用BGM」というYouTube動画。
ケルト音楽をメドレーにしたものです。

私はケルト音楽がとても好きなのでチョイス。
冒険用というだけあって、聴いていると確かに旅にでも出たくなるような曲調のものが多いです。
この動画の曲を聴きながらなら、ノリノリの気分で作業に集中できるでしょうね。

まとめ

音楽を聴きながら作業する方は結構いると思いますが…。
その音楽はインストゥルメンタルを個人的にはおすすめしたいですね。
もちろん、ボーカルがあっても集中できるという方はいますので個人差はありますけども。

この記事では、おすすめの作業用BGMも紹介しましたので…。
ぜひそれぞれの動画を視聴してみてくださいね。
きっと気に入ってもらえるのではないかと思います。
もし気に入ったら、今度の作業のお供にどうぞ。

音楽の力というのはすごいですよね。
ぜひあなたも音楽を活用して、作業の効率化を図ってみてください。

著者情報

鈴木俊吾(すずきしんご)
鈴木俊吾(すずしん)

座右の銘は『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』。
大卒(情報科学)→公務員浪人→無職→フリーライター→ハッピーライフサポーター。
人生を楽しく幸せに過ごすための方法を日々研究しています。

自己紹介記事はこちらから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)