将棋を始めるのにおすすめの将棋盤と入門書3冊を紹介!

読了時間: 約5
完全木製版 デラックス将棋

こんにちは、鈴木俊吾(@suzushin7)です。

最近になって、私は将棋に興味を持つようになりまして…。
本格的に将棋をやってみたくなりました。
もしかして、あなたも最近興味を持った方ですか?

現状、自宅に将棋盤が無いので、この機会に購入することにしました。
同時に、将棋の入門書も3冊ほどをまとめて買ってみました。
ちなみに、入門書はどれも羽生善治さん監修のものです。
羽生善治さん監修なら、まず間違いないだろうと思いまして…。

これから、早速入門書を片手に将棋の勉強を始めてみます。
目指すなら…やっぱりまずは初段ですよねっ!
できるだけ早い時期に、初段の実力を身につけたいです。

この記事では、私と同じような将棋入門者におすすめの、将棋盤と入門書3冊について紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

将棋に興味を持ったきっかけ

何か新しい趣味が欲しいなと思っていた私。
そして、どうせなら、頭を使うものが脳トレやボケ防止になるんじゃないかと思いまして…。
将棋・囲碁・チェスなどが候補に挙がりました。

実は私。
囲碁・将棋・チェスは、過去に一度覚えようと挑戦してみたことがありますね。
ただ、どれも駒の動かし方やルールを覚えた段階で挫折しています…。

やはり、どれも戦術が多すぎてとても覚えられないのですよね。
試しに対戦してみても、相手にボコボコにされるだけ…。
「勝てないからつまらないな…」となって、辞めてしまうパターン。

基本的には、私は色々と手を出すのですが…。
すぐに飽きてしまう体質なのです。
いわゆる、熱しやすく冷めやすい。
将棋に関しても、一度は手を出したもののすぐに挫折してしまいました。

再び将棋に興味を持ち始めたきっかけは、入院時の出来事。
私は体調を崩して、病院にしばらく入院していたのですが…。
その際に、将棋が好きな方と仲良くなりました。

一応、将棋のルールは知っているということで…。
その方とお手合わせをしてみたのですよね。
もちろん、私は当然のように負けまくりました(笑)。

でも、ある日…。
私は四間飛車という戦法を知り、試しにその人との実戦で使ってみたのです。
もちろん、四間飛車に詳しいわけではないので、かなり適当だったですが…。
なんと、その対戦結果は見事勝利!?
自分でもとても驚きましたよ〜。

将棋の初心者が四間飛車を使ってきたこと。
そして、意表をついた手を指してきたことで…。
相手の方はとても動揺したそうです。

勝てるわけがないと思っていた私が、偶然にも勝ててしまいましたので…。
それはもう、かなりの嬉しさがこみ上げてきたわけですよっ!
「あっ、将棋に勝てるとこんなに嬉しいのか!」
私は将棋の対戦に勝つことの喜びを味わったわけです。

退院後、私はまた一人になったわけですが…。
将棋に勝つことの嬉しさを体感しましたので…。
「もっと強くなりたい!」
「あわよくば、将棋で初段くらいの実力を身につけたい!」
といった感情を持つようになりました。

そして、今。
改めて、頭を使う趣味を持ちたいと思っている私。
「それなら、もう一度将棋にトライしてみても良いんじゃないか…」
「また将棋で勝ったときの、あの感覚を味わいたい!」

そう思った私は、気がついたら将棋盤と入門書を注文していました(笑)。
行動するなら「善は急げ」ですからね〜。
いつやるか、今でしょ!?

おすすめの将棋盤と入門書3冊

今回、私が購入したのは将棋盤と将棋の入門書3冊。
全部合わせると、大体7,500円ほどでしたかね。
初期投資的には、まあ最初はこんなものではないでしょうか?

完全木製版 デラックス将棋

完全木製版 デラックス将棋

完全木製版 デラックス将棋は、幻冬舎が販売している、木製の将棋盤です。
将棋盤と駒がセットになっていますので…。
これだけ買えば、とりあえず将棋ができるようになります。

この将棋盤には、将棋初心者向けに入門ガイドが付属。
駒の動かし方はもちろん、基本的な将棋のルールや上達法などについて解説しています。
もしルールが分からないという場合にも対応している親切仕様です。

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門 5ヵ条で勝ち方がわかる

将棋の入門書は種類がかなりあって、正直どれにするか悩んだのですが…。
やっぱり、羽生善治さんが書いているか監修のものが無難かなと判断。
その中でも、目次を見て惹かれた「羽生善治のみるみる強くなる将棋入門 5ヵ条で勝ち方がわかる」を選択。

将棋の基本から始まり、各駒の動き方や特徴を確認。
そして、将棋に勝つための5ヶ条を学びます。
最後に、詰将棋が用意されています。

この本を読むことで、将棋の基本的なルールを覚えることが可能です。
そして、各駒の特徴をつかんだ上で、具体的な攻め方や守り方の方法を学べます。

個人的には、将棋のルールや駒の動きについては把握していますので…。
将棋に勝つための5ヶ条に大いに期待しています。
どんなテクニックが紹介されているのか…。
とても楽しみです!

羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門

いざ、将棋の実戦をしてみよう!
とはなっても…。
どのように序盤を展開していけば分かりませんよね?
そこで、序盤について詳しく解説してくれていそうな「羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門」を購入。

この本では、ただ定跡を覚えるだけのものというわけではないようです。
盤面を見た時に、どのような考え方で次の手を指していけば良いのかという方針について解説していますからね。
つまり、序盤の基礎力を身につけるのが目的。

将棋の入門者は、盤面をパッと見た時にどういう方針で指していけば良いか分かりませんよね。
私も駒の動かし方が分かるだけですので…。
いざ実戦となると、次の手に迷うわけです。

序盤における基本的な考え方を身につける上で…。
本書は、かなり役立つのではないでしょうか?

羽生善治のみるみる強くなる将棋 終盤の勝ち方 入門

将棋は、序盤・中盤・終盤と展開されていきますが…。
特に重要なのが終盤。
何と言っても、終盤で相手の玉を詰みにしないと勝てませんからね。
その終盤について解説してくれているのが「羽生善治のみるみる強くなる将棋 終盤の勝ち方 入門」という入門書。

将棋初心者の場合…。
いざ終盤になったとしても、玉をどう詰みにしたら良いのかが分かりません。
詰ませるというのは分かっていても、具体的にどうすれば?
謎は深まるばかりです。

そうなると…。
やはり、終盤についても入門書を買って勉強したほうが良いですよね。
ちょうど羽生善治さん監修の本書がありましたので迷わず購入。

本書では、終盤戦で必須となる知識を学ぶことができます。
詰み・詰めろ・必至・寄せ・受けについてですね。
これらを知っているだけでも、だいぶ棋力が上がるのではないでしょうか?

いくら序盤や中盤が上手く展開できたとしても…。
終盤が弱ければ、結局は負けてしまいますからね。
終盤力の基礎を本書でしっかりと身に付けていきたいです。

ひとこと

今回は、将棋を本格的に入門しようと思いまして…。
将棋盤と将棋の入門書を3冊まとめて購入してみました。

将棋入門から始めまして…。
その後は、序盤編、終盤編、と読み進めていこうと思います。

何事に関しても、まずは最初が肝心。
しっかりと将棋の基礎知識を覚えたいですよ。

地盤をある程度固めたら、いよいよ戦法についても勉強していきます。
個人的には、振り飛車をメイン戦術にしていくつもりです。
特に三間飛車が気になっていますので、関連書籍をあたってみますね。

今から将棋を始めようと思っているのなら…。
今回挙げた将棋盤と入門書は、個人的にすごくおすすめですよ。
ぜひ一緒に将棋の勉強をしていきましょう!

完全木製版 デラックス将棋
羽生善治のみるみる強くなる将棋入門 5ヵ条で勝ち方がわかる
羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門
羽生善治のみるみる強くなる将棋 終盤の勝ち方 入門

(Today: 1 PV, Total: 28 PV)

スポンサーリンク