目標設定

目標に具体的な数字と期限を設定すると達成しやすい理由

読了時間: 約3
期限

こんにちは、夢実現サポーターの鈴木俊吾(@suzushin7)です。

この記事を読んでいるということは、あなたには達成したい目標が何かあるはずです。きっとそうですよね?

でも、なかなか目標を達成することができずに悶々としてきたのではないでしょうか?どうしたら、目標達成を目指すことができるのだろうか?そんなことを考えていませんか?

実は、目標の設定方法には、ちょっとしたコツというものがあります。それは、「目標に具体的な数字と期限を設定する」こと。たったこれだけを意識して実践するだけでも、実現可能性はグッと上がります。

なぜ、目標に具体的な数字と期限を設定するだけで効果があるのか?それについて、この記事で簡単に解説していきます。

具体的な数値目標や期限が無い目標は達成しづらい!?

辛い

ところで、あなたが現在目標としていることは何でしょうか?健康、お金、人間関係などなど。色々な目標を立てることができそうですよね。

でも、その目標について考えてみてください。それらは、あまりにも抽象的な表現になっていないでしょうか?

抽象的な表現で目標を設定すると、ビシッと「これだ!」というものが定まらず、フワッとした感じの目標になりがちです。それに加えて、今の状況でどれだけ目標達成しているかを確認するのも難しくなります。

例えば、「お金持ちになる」という目標があるとします。とりあえず、言いたいことは分かりますが…。ところで、お金持ちとは具体的にどのくらいになったらお金持ちと言えるのでしょうか?人によって基準は異なりますよね?どれくらいになったら満足できるのかを自分の中で決めておかないと、ゴールが全く見えてきませんよ?

また、期限を設けていないのも問題。期限が無いということは、別の言い方をすれば、いつでも構わないということ。つまり、未定です。

イメージしてみてください。友人に「いつかまたどこかで遊ぼうね!」と言われて「うん、そうだね!」という会話をしたとします。その時に、具体的な期日を決めていないとしたらどうなるか?おそらく、その約束は実現することはほぼ無いですよね?

目標にしても、同じ要領です。目標の場合は、自分自身との約束と言えるかもしれませんね。あらかじめ期日を決めておかないと、いずれ自然消滅する可能性が高いですよ?そんな状況で、目標が達成するはずがありませんよ。

具体的な数字や期日が無い目標を達成しようとするのは…。言ってみれば、ゴールの場所や距離が全く分からない状態で道を進むのと同じ。そうすると、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、結局迷うことになりますよね?あなたは、ずっと迷路の中を彷徨いたいのですか?

目標に具体的な数字と期限を設定すると良い理由

理由

では、目標に具体的な数字と期限を設定するとどうなるでしょうか?ちょっと考えてみましょう。

例えば、さきほどの例で挙げた「お金持ちになる」という目標。これをもっと具体的にしてみましょう。どのようにすれば良いと思いますか?

人によってお金持ちの基準は異なりますので、一概にこれだとは言えませんが…。ここでは、お金持ちは「年収1,000万円」「資産1億円」を達成している人のことを指すと定義します。

すると、「お金持ちになる」という目標は「年収1,000万円で、なおかつ資産1億円を持つ」という目標に変わります。具体的に書いてあれば、その人の基準がハッキリしますよね。ゴール地点も明確です。

続いて、期限を設けます。現状を考慮してどれくらいの期間があれば達成できそうか?現実的な期日を決めます。

ここでは、仮に今からちょうど5年後とします。そうすると、「お金持ちになる」という目標は、最終的に「5年後までに、年収1,000万円なおかつ資産1億円を持つ」になります。

「お金持ち」というだけでは、曖昧すぎて基準が分からなかったのですが…。「5年後までに、年収1,000万円なおかつ資産1億円を持つ」という具体的な数字と期限を決めることで、達成すべきことがハッキリしましたよね。

達成すべきことがハッキリするということは、その目標から逆算していくことで、今何をすべきかが分かるようになります。また、定期的に目標の達成状況を確認することも可能になります。

最終目標を細かく分解していくと、いくつかの中目標や小目標が出てくるはず。これらをチェックポイントとするのです。

定期的に目標の達成状況を振り返り、「予定した期日以内にチェックポイントを通過しているか?」を確認することが極めて大事。予定より早ければそのまま進めば良いし、遅れているなら何らかの対策を講じる必要があるということになります。

自分が今やるべきことが分かり、目標達成のペースを把握できるようになる。これが大きなメリットになるのです。

まとめ

まとめの一言

目標を設定する際には、具体的な数字と期限をきちんと決めておきましょう。そうすることで、目標達成のために今やるべきことを把握できる、達成状況を確認することができるようになる、というメリットがあります。

どうせ目標を立てるのなら、達成できないよりはできたほうが嬉しいですよね?

ほんの些細なことなのですが…。実践するのとしないのでは大違いなのです。

さあ、あなたはどうしますか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
著者情報
読了時間: 約1
鈴木俊吾(すずしん)

【名前】
鈴木俊吾(すずしん)

【肩書き】
フリーライター

【自己紹介】
座右の銘は『一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対!』。ブログで情報発信中。顧客のニーズに応えるため、様々な分野の資格取得を目指しています。趣味は、読書・音楽鑑賞・カラオケ・プログラミング・将棋・MTGなど。年間50冊以上の本を読みます。

【スポンサー募集】
当ブログでは、現在スポンサーを募集しています。詳細はPatreonにて。活動を続けるためには、あなたの力が必要です!

【保有資格】
珠算検定2級/実用英語技能検定準2級/普通自動車運転免許/実用マナー検定準3級/安全運転能力検定3級/カラアゲニスト/ミュージックマスター・オンライン5級/DJ検定5級/相続総合コンサルタント補/姿勢診断士5級/タイピング技能検定イータイピング・マスター4級/Googleデジタルワークショップ デジタルマーケティングの基礎/ICTプロフィシエンシー検定試験5級/インターネットにおけるルール&マナー検定ビジネス版/EFSET 59 (B2 Upper Intermediate)/色彩士検定4級/ビジネス実務与信管理検定試験3級/YouTube Music 認定資格/日本化粧品検定3級/将棋29級/フライドポテト・アンバサダー検定(ブロンズ)/.com Master BASIC

この記事のタイトルとURLをコピーする

コメントを残す