健康の為にコーヒー類禁止のカフェイン断ち生活を開始!

2020/07/25

読了時間: 約4
カフェイン断ち

こんにちは、鈴木俊吾(@suzushin7)です。

コーヒーが大好物の私。
特に、朝に飲むモーニングコーヒーは格別ですね。
コーヒーを飲まないと、いまいちやる気が出てこない…。
そう、私はきっとカフェイン依存なのでしょう。

今日も、何気なくコーヒーを飲んでいたのですが…。
その時、ふと私は思ったのです。
「もし、コーヒーを飲むのをやめたら、もっと健康になるのかな?」と。

ちょっと気になって、カフェイン関連の記事を調べてみたところ…。
カフェイン断ちの効果というのは、予想していた以上にありそうだということが判明。

そこでっ!
私は一念発起しまして…。
この度、主にコーヒー類を禁止するカフェイン断ち生活を開始することにしました。

具体的には、明日から本格的にスタート。
最初の頃は辛いことが多いかもしれませんが…。
何とか耐えて、より健康的な生活を手に入れたいと思います。

スポンサーリンク

カフェイン断ちとは?

カフェイン断ちというのは、その名前から分かるようにカフェインを断つことです。
カフェインの摂取をやめるということですね。

カフェインが多いことで有名なのはコーヒー。
その他にも、コーラ・緑茶・紅茶・エナジードリンクなどがあります。
食べ物では、例えばチョコレートが挙げられます。

こういった、カフェインを含む飲み物や食べ物を飲食しないようにするわけです。

カフェイン断ちの効果

カフェイン断ちの効果というのは、一般的には例えば以下のようなものが挙げられます。

1.睡眠の質が向上
2.頭痛が改善
3.トイレに行く回数が減る

睡眠の質が向上

カフェインに覚醒作用があるのはご存知かと思います。
この覚醒作用があるおかげで、眠気覚ましの用途にコーヒーを飲まれる方が多いのですよね。

ただ、その覚醒作用というのは意外と長く効果が続きます。
カフェインの半減期は4時間と言われていますので…。
コーヒーを飲んでから8時間後でも、まだカフェインは25%も残っているのです。

もし、夕方や夜にコーヒーを飲んだりすると…。
寝る前になってもカフェインが残っていて…。
なかなか寝付けなかったり、眠れたとしても眠りが浅かったりします。

ノンカフェインの生活にすれば、覚醒作用が効くことが無くなりますので…。
自然とぐっすり眠ることができるようになると期待されます。
睡眠の質も当然上がります。

頭痛が改善

コーヒーを飲むことを習慣にしている人に質問ですが…。
あなたは頭痛持ちですか?
ちなみに、私は日常的に頭痛持ちです。

もしかすると、その頭痛。
カフェインが原因かもしれませんよ?

カフェインが体から抜けると、離脱症状が現れますが…。
その症状の一つに頭痛があります。

もし、コーヒーを飲んで、その頭痛が治まるのであれば…。
おそらく、カフェインの離脱症状から来るものでほぼ間違いないですよ。

カフェイン断ちをすることで…。
一時的には、離脱症状で頭痛が来ることがありますが…。
しばらくすれば、頭痛の症状が無くなっていきます。
そうなれば、頭痛の悩みとは、おさらばできますね。

トイレに行く回数が減る

コーヒーをはじめとする、カフェインを多く含んだ飲み物や食べ物を摂取すると…。
トイレが近くなるのは有名な話。

これは、カフェインの利尿作用が効いているからですね。

コーヒーを愛飲している私もその効果は実感済み。
それほど水分を摂っていないとしても…。
ひどいときには、だいたい1時間おきくらいにトイレに駆け込んでいましたから。

あまりに頻尿になりすぎると、生活にも支障が出てきます。
下手すると、我慢できずに尿失禁してしまう方もいるとか…。
それでは困りますよね?

カフェイン断ちをすれば、その利尿作用が無くなるわけですから…。
トイレの近さは間違いなく改善されるはずです。

現時点で、1日10回以上はトイレに行く私。
カフェイン断ちで、頻尿が改善されていくことを期待しています。

カフェイン断ちのデメリット

カフェイン断ちをすることのデメリットについて考えてみます。
パッと思いつくのは、以下の2つくらいでしょうか。

1.離脱症状がつらい
2.大好きなコーヒーが飲めなくなる

離脱症状がつらい

カフェインが体から抜けると、離脱症状というものが出てきます。
人によって症状は違いますが、主に以下のような症状があるようです。

・頭痛
・眠気
・疲労感
・だるさ
・筋肉痛

特に、頭痛は経験する人が多いです。
そういう私も頭痛持ちですからね。
きっと離脱症状からの頭痛で間違いないでしょう。

私の場合、頭痛の他には眠気やだるさをよく感じます。
あまりに眠くてだるいので、時々昼寝をすることも。
「もし、この症状が無ければどれだけ楽だろうか…」と日頃考えていましたよ。

よく考えたら、これらも離脱症状なのですよね。
ということは…。
カフェインをやめるだけで、生活の質はだいぶ改善されるのでは!?

もちろん、完全に離脱症状が無くなるまで耐えるのはつらい…。
でも、そのつらさを乗り越えた先に待っているのは健康的な生活。
チャレンジする価値は十分にあると私は思うのです。

大好きなコーヒーが飲めなくなる

正直言って、これがとてもつらい。
今まで愛飲していた、コーヒーが今後飲めなくなるのですから…。

もはや習慣となっていた、モーニングコーヒー。
眠気覚まし兼リラックス手段として飲んでいたコーヒーが飲めない…。

コーヒーを飲まずして、きちんと目が覚めるのかという疑問が残りますが…。
ノンカフェイン生活で眠りが深くなれば、朝すっきりと起きられるはずなのでおそらくそれは大丈夫でしょう。

コーヒーが無い生活。
私は今まで考えたことがありませんでしたね。
コーヒーは生活の一部になっていましたから。

コーヒーの代わりには…。
麦茶や十六茶などのノンカフェインの飲み物を飲むようにします。

最初の頃は、きっと寂しい気持ちがするでしょうけど…。
これも将来の健康のため。
ぐっと堪えて頑張りたいと思います。

ひとこと

ふとしたきっかけで始めることにした、カフェイン断ち。
ここからしばらくは、コーヒーを飲みたい衝動と離脱症状に苦しめられることになるのでしょうね。

でも、そのつらさを乗り越えた先には…。
きっと今よりも健康的な生活が待っているのではと大いに期待しています。

実は、カフェイン断ちには一度チャレンジしているのですが挫折済み。
そうそう簡単にはクリアできないなと痛感していますが…。
今度こそはと気合いを入れて挑戦していきます!

カフェイン断ちに成功した暁には…。
その効果について、体感したことなどを別記事でまとめてみます。
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

(Today: 1 PV, Total: 27 PV)

スポンサーリンク